ロードバイクでロングライドの走り方について。

補足

前52-36、後ろ11-30?32?です。

自転車、サイクリング46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私の完全敗北のようです。 一番やさしいご回答にベストアンサーを。 皆さんアドバイスありがとうございました。

お礼日時:6/18 17:34

その他の回答(5件)

0

かなり無茶ですね。 リヤ11-30か32の中間だと19tか21tくらいかと思いますが、その状態でフロントを52と36で切り替えればケイデンスの差が30~35回転くらいになります。 25km/hとしてリヤ21tだとすると52tで約79回転、36tで約114回転になります。 このケイデンスの切り替えは結構無茶ですよ。

1

その方法だと一気にギア比が変わるはずなのでまずケイデンスを一定にするという走り方は出来ないと思います。まあ間違っていると言って良いと思います。 普通はリアのシフト操作を頻繁に行い細かく刻んでいく走り方が効率よくペースを維持できます。フロントチェーンリングは平地と下りはほぼアウター縛りで長い上り坂の前にインナーに入れるというパターンです。

1人がナイス!しています

0

私がミニベロで近所のスーパーに買い物に行く時と同じだ。右手にレジ袋をぶら下げて走るので変速は左レバーで前のみです。ゆるい坂なんで行道はアウター、帰り道はインナーです。

0

あまりそうやって走る人はいませんよね。 フロント変速ってDI2やワイヤレスなら苦労もありませんが 紐引きのバイクなら変速完了が遅いのでその間踏めないってことですし、 フロントの大きな歯だけでは”重いか軽いか”の2択になってケイデンスも一定にならないでしょうしペダリングやパワー管理にムラが出来ますよね。 特に利点も見えてきませんが、なにがいいんですか? 非効率的だなーと考えるだけでやめとけよってほどでもないのでなにかこういう理由があるんだ、というのがあれば教えていただきたいです。