ID非公開

2021/6/18 19:05

33回答

損金処理の質問です。

会計、経理、財務 | 税金22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/20 10:38

ID非公開

2021/6/20 10:53

解約時の仕訳誤りでも結論は同じです 本来帰属する決算期が更正の請求の対応期間内ならなんとかなりますが、それより前ならどうにもなりません

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:6/25 8:25

その他の回答(2件)

1

「積立金の契約が存在しなかった」というのが、本来費用処理すべきものを誤って積立金処理していた、ということでしたら、当期分は損金算入可、過年度分は更正の請求により損金化を目指すことになります。 そもそもそのような契約がなかった、ということでしたら、本来費用処理すべきものが存在しませんから、損金不算入です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/19 14:10

ありがとうございます。 過去にどのような処理がされたか不明です。 払い済み保険かと思っていたら、契約そのものが存在しなかった事が判明。 かなり昔に解約して、全額を雑収入処理して、積立金を取り崩さなかったのかな? とも推測してます。

0

粉飾決算で敢えて架空の資産を計上していたのでなければ 当然に損金算入が認められます

ID非公開

質問者2021/6/19 14:12

ありがとうございます。 粉飾か単なる誤りかは、昔過ぎて全く判断できないんです。