ID非公開

2021/6/19 16:01

33回答

クロスバイクのチェーンを工作機械みたいに油まみれにしたら錆びる事はないでしょうが、やはり電動アシストのチェーンとは違い、伸びて10000キロは走れませんか?

自転車、サイクリング26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

2

寿命って、三千キロじゃ無かった?

2人がナイス!しています

2

えっと・・・ プレートの表から見えてるところって、実は錆てても問題無いんですよ。プレートの裏側も、錆たところでスプロケットと擦れて浮いた錆は落ちますから。 その落ちた錆がオイルに付着して、ローラーの隙間に入り込みブッシュやピンを削ります。 そうすると、そのクリアランスが大きくなり、それが「チェーンが伸びる」と表現するわけです。 自転車のチェーンは、普通100コマ以上のコマ数(インナーとアウターの合計)があります。1つのピンで0.01mm削れてクリアランスが広がれば、全体で1mmのズレになります。 また、オイルは粘性があります。粘るという事は、それだけ「抵抗」になります。人力で動かす自転車で「いかに抵抗を減らすか」に努力してるのに、わざわざ抵抗を増やす必要はありません。 粘性の低いオイルは、常に注油をしてやる必要があります。これが、ドライタイプというやつ。 メンテナンスを「すれば速くなる」んじゃなく、メンテナンスをしなければ能力が落ちる、んです。 過ぎたるは及ばざるが如し。まさにこの言葉の文字通りで、過ぎた注油は手入れをしてないのと同じしかならない、のが自転車のチェーンの手入れです。

2人がナイス!しています