新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

中国製の新型コロナワクチンは殆ど効果がないと伝えられていますが、それならどうやって中国はあの感染を一瞬で止められたのでしょう?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

中国製の新型冠状病毒の灭活疫苗は日本でいう不活化ワクチンだね。 アケゲザルの腎臓由来のVero細胞を使ってウイルスを増殖させていると思われる(細胞培養法)。 すでに確立された製法で日本でも鳥インフルエンザのプレパンデミックワクチン(H5N1)として保管されている。 中国の武漢肺炎はワクチンができるはるか前の2020年1月23日~4月7日の76日間にわたる都市封鎖で封じ込めに成功し死亡者ゼロを達成した。

1人がナイス!しています

1

徹底した「ロックダウン」でしょうね(>_<) 日本もワクチンに頼らず、1か月の「外出禁止令」を出せば、 いまごろはマスクの要らない生活だったでしょうから・・・。 コロナの封じ込めは、 中国の「強権的な国家主導」が、 珍しく国民の役に立ったケースでしょうね(^^)/

1人がナイス!しています

0

ワクチンの効能の有無はともかく、中国の対コロナ対策はすごく簡単でしたよ。 (というかワクチン完成前に抑止したのでワクチンの出来は関係ないですね) 感染者が出た街を感染者が治癒するか亡くなるまで完全封鎖。あとは消毒を徹底。 中国の政府のアクションに日本や欧米各国のような人道(特に自由権関係)に配慮した対策基準で考えない方がいいですよ。