中学受験、算数の問題です。 植木算の応用だと思うのですが、 問題の意味すらよくわからない状況です。 (1)は、90÷5=18

画像

中学受験 | 算数56閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ent様。 この度は、ご丁寧な解説、誠にありがとうございました。 途中式まで、教えて頂いたので、とても有り難く思います。 娘と中学受験、頑張りたいと思います。 本当に有難うございました。

お礼日時:6/22 8:12

その他の回答(3件)

0

じゃあ、まず、方眼のノートなんかを上手く使って 横に「0から90」までの数字を等間隔に丁寧に書く 書けたらその下、一段目に2つおきにMをどんどん書く この時に両端は書かないに気をつける 二段目はGを3つおき・・・さあ、わかってきた 三段目は当然Rを5つおきにかけばいい アルファベットが2つ以上重なっている場合は優先順にに従う つまりRがあればRに〇をつける、RがなければM・・・ってかんじ 図を完成させたら、あとは問題の通りに数えるだけです。 大事なことはこういう事 まず、こういう問題に出会ったら「数えられるか?」を必ず考える 数えられるなら、どうやって数えるか 数の問題は8割は必ず数えられる 努力は必ず報われる 算数はなかなか得意にはならない でも、数えるのは得意になれるのです。 練習の成果は出るのです。 そんな風に教えていたと思います。 わたしなら、出来ない子クラスには植木は使わせないと思う。

Kanichi12様。 ご丁寧な解説、誠にありがとうございました。考え方の基礎がわかり、(3)の問題の意味が、やっとわかりました。 他の皆様のご協力もあって、問題解決に繋がりそうです。 ありがとうございました。

0

解けることは解けるが、ひたすら面倒な問題ですね。 他の問題が、さっさと解ける問題だったら、それらを済ませてから余った時間で取組む問題です。 解きかたですが、この程度であれば、 「図を書いて実際に旗を立てて、手際よく数える」 これに尽きます。 数種類図を書いてみて、どのような図(場合によっては表)が正確に数えやすいか、研究して備えることです。 下手に計算で解こうとすると、ほとんどの子が重複の整理で死んじゃうのがこの手の問題です。

con様。 考え方の基礎を教えていただき、誠にありがとうございました。他の皆様のご協力もあって、何とか解決に繋げていけそうです。 ありがとうございました。