ふるさと納税の限度額のシミュレーションを2パターンで行いました。

税金44閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/22 9:08

ID非公開

2021/6/22 9:50

ult******の回答は誤り。 寄附金税額控除(特例控除)の上限が住民税所得割(調整控除後)の20%です。他に寄附金税額控除(基本控除)と寄附金控除または寄附金税額控除(申告特例控除・ワンストップ特例の場合)があります。 hrc******の回答の調整控除は質問者は2,500円であって、上限額13万円以上もあれば調整控除を引いても引かなくても誤差の範囲でほとんど影響ありません。自分が18,500円もあるからといっていたるところで回答するのは質問者を混乱させるだけでしょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧に答えて頂きありがとうございます。もう一度確認してみます。

お礼日時:6/22 13:01

その他の回答(2件)

1

ふるさと納税の上限は住民税の所得割の20%です。 今年度の住民税の通知書を見て、その所得割の20%の8掛けをしたらいかがでしょうか?(昨年と今年の所得税環境が変わらないとします)

1人がナイス!しています

1

ふるさと納税は住民税の制度ですから、住民税の資料からシミュレーターの方が正確ですが、限度額の計算基礎は寄付する年の所得からですので、限度額はあくまで目安となります。 なお、所得割からは「調整控除額」を差し引かないと、限度額が多くなってしまいます。

1人がナイス!しています