ID非公開

2021/6/22 0:06

88回答

幼児のピアノ練習について伺います。 4歳男児の習い事にピアノ教室を検討しています。

ピアノ、キーボード | 習い事113閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

沢山のご回答ありがとうございました。 私自身、6歳から6年程ピアノを習ってはいましたが、まさに「練習しない子」で、当然大して上達しませんでした(今となっては親に申し訳ない。)ので、「練習させるにはどうすれば・・・」と思っていました。 習慣づけるように促すことならできそうです。 皆さん、趣旨は同じご回答なので、BA最初に同趣旨のご回答を下さった方にさせて頂きます。 ありがとうございました。

お礼日時:6/25 14:08

その他の回答(7件)

0

うちに4歳児がいます 私のやってるのは、 「おやつのあとはなにするの??」の声掛け 楽譜を読むときはとなりに座ってる、弾くときは聞いてて、弾き終わったら「すごーい、じょうず!!」の声掛け 気が向かないときは5分のタイマー掛けてそばにいてあげる(毎日最低5分は弾くことにしてる(笑))、 てかんじです(^^) 上のお姉ちゃんのときもこんなかんじ 1年もしたら隣に座る必要はなくなっていきましたよ(でも譜読みできなくて癇癪起こすことはいまだにある(笑)) 指導は先生にお任せなので、親が教えることはないです(^^)

1

なんか、「おうちで練習」ってなると、「教えなきゃ!」となる親御さんが多いですが、教えなくていいんですよ。むしろ、教えない方がいい場合もありますしね。 4歳なんて、「習う」というのがどういう事かすら分かってなかったりしますので、そんな中「練習しなさい」なんて言われても「???」です。そんなことよりお絵描きしたい。てな感じ。 なので、お子さんが積極的にピアノに向かえるように、色々工夫するのが親御さんが出来る事。 もうそれだけでいいんです。 教えるのは先生のお仕事! 中には「お願いだから教えないで」と懇願する先生もいるほど。 ピアノを弾く内容だって、「練習」になってなくてもいいんですよ。というか、ならなくて当然。練習ちゃんと出来る子はホントに凄い子。 私だって4歳の頃なんて遊び弾きばっかりでしたよ。「習い事」というのを理解して、練習しなきゃならんのかと理解したのが小3くらい。 ということですので、 とりあえず「毎日ピアノに向かうこと」が当面の目標になります。 それで毎日ピアノを弾く習慣が付けば、とりあえずはオッケーです。 大きくなって、色々なことが理解出来る歳になったら改めて、練習するように声掛けをするなりする必要が出てくるかもしれません。

1人がナイス!しています

0

ピアノ、電子ピアノはお高い買い物ですので 慎重に検討されるかと思います。 4歳男子ちゃん、の現状況で ピアノに向いているか、 性格や生活状況で まず判断します。 ・落ち着いているコ、 普段から わりと椅子にじっと座っていられるコ。 ・人に言われたことに 「うん」と素直に聞けるコ。 ・出来る範囲で、約束は忘れないコ。 こんな感じで、クリア出来ているお子様でしたら、 大丈夫かと思います。 レッスンでは 課題が出されますので、 親御様は見学に入り、それを聞いておき、 家で練習するようにお子様に促すだけで 大丈夫です。 あとは 実際に始まってみないと 続くかどうかは わからないことはあると思います。 短期的に弾けたりできるものでは ないです。

1

本人に「弾けるようになりたい」という意思があるなら、 自分から自宅で練習したいと思うものです。 音楽に疎いご家庭なら、一般的な注意だけで練習内容にはむしろ触れない方がよいでしょう。

1人がナイス!しています

1

うちの息子も4歳(年少)から習い始めました。 教室では、その年齢に見合う導入レッスンを受けます。 最初は本当にゆるい感じで始まりますが、それでも自宅練習は必須。 でも練習の仕方の基本の基本から教わり、先生の前で試しにちょっとやってみて、 褒めてもらって、家でもその調子でやってきてね。と言われる感じ。 で家でも弾いた日にはシールを貼るとか、その年齢なら喜ぶご褒美があることも。 ですから親の役割は、家で「ピアノを弾こう」「〇〇君が弾くのを見たい・聞きたい」と上手く誘ったり、おだてたり。 弾いたら褒めちぎるとか、その程度の「おうちで一緒に。」レベルです。 私自身は弾けますので(子供の頃に十数年習っていた)、 子供が間違って弾いたら、その場で修正したり、 習ったのに忘れていることを教えなおすことはありました。 でも、親がそれをしなくても、先生が次回のレッスンで修正してくれるので、別に何の問題ないです。 我が家はそれより数日はやく修正しましたが、ただそれだけのことで、大した差はありません。 そもそも「親が家で教えといて下さいよねっ」みたいなことは無いので、 「親は弾けないので、どうしよう」という心配は無用。 あくまでも、練習できる環境をと整えるのが、親のお仕事です。 幼児は本当に個人差が大きいですし、 そもそも皆が別人格なわけですし、 どのくらい進んだら親が手を離すのかは、本当に人それぞれ。 そもそもどういうペースで上達するかも皆バラバラですし。 うちのは小さいうちから、放っておいても勝手に弾きまくる子でしたから、 基本的には放置(に近い状態)でした。 習い始め直後(最初の1か月くらい?)の頃は、 「家で毎日練習→レッスンで見てもらう」という流れを理解できていない感じだったので、数回言った記憶があります。 それからその後の一時期は勝手にどんどんテキストを進めたがるので、それも注意したことがありますが、その程度。 そうかと思うと、全く練習する気のない子は男女を問わずいて、 何年もずっと「練習しなさいっっ」というバトルを続けるという例も多い。 たとえ本人の強い希望で習い始めたとしても、 すぐに興味が別のところへ移ると、ピアノへの興味を失う子もいます。 女の子なら「ダンスを習いたい」とか、 男の子なら「やっぱりサッカーがいいな」とか。 特に男子の場合、すぐに辞めちゃう子が多いイメージですが、 中にはドはまりしちゃう、息子のような子もいて、とにかく両極端です。 (ピアノによらず、全ての分野で言えることだと思いますが) 息子は4歳から始めて、高3の秋までずっと楽しんで続けました。 よい先生に恵まれたおかげで、大変に感謝しておりますが、 家には古いアップライト(母である私のお古)があり、 最初から使っていたのも、とても大きかったと思います。 やはり電子とは違うので。 ただ、習いはじめてほんの数回のレッスンで、 先生宅のグランドピアノとの音の響き方の違いに気づいてしまい、 グランドの方が良い、ああいうのが欲しい、などと言いだしました。 (気持ちは判るけど、だからって買えるものでもない・・・) そうかと思うと、響きの良し悪しどころか、 音程が狂った楽器を使っても気づかず、 違う鍵盤を押して、違う音を出していても全く判っていない子もいるわけで。 このあたりは本当に個人差が大きいです。

1人がナイス!しています