ID非公開

2021/6/23 12:19

66回答

僕のヒーローアカデミア

コミック71閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/23 13:13

デクに目指してほしいのは最高のヒーローであって最強のヒーローはなんか解釈違いですよね

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろんな意見がありますよね。皆さんありがとうございました

お礼日時:6/23 23:04

その他の回答(5件)

2

主人公の絶対的強さは重要ではないのでは? 敵との相対的強さが釣り合っていれば問題ないと思います。 ヒロアカに限らず、ジャンプ漫画は大抵主人公が強くなれば それをアピールするためにストーリー上、噛ませ犬を配置することが多いです 今はその段階でしょう。そして完成した死柄木(AFO)が非常に強いだろう ことは考えるまでもありません。 ただ、気持ちはすごくよく分かります。 クラスメイトたちとの実力差が開きすぎて、今後クラスメイトたちと競い合う 展開は無理が生じてしまいましたね…… 個性的で好きなキャラも多かったし、授業とか学校行事も面白かったので 残念です。

2人がナイス!しています

1

たとえ能力が強くなったってメンタルボロボロでしょう。ここらでポッキリいきそう。そこを仲間たちが支える展開になるんじゃないですかね。一強状態じゃあもう、どうにもならないと思いますね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/23 18:52

メンタル面というか、シンプルにデクの個性がチートなことに納得できないんですよね。仮にデクの精神が折れたとしても、個性がチートなことには変わりないし。

3

私もそう思います。 ただし、ストーリーの重要なポイントではその問題は解決されるのだろうとも思っています。 少し話は逸れて、 スーパーマンの敵に「ミスター・ミクシーズピトルク」というヴィランがいるのですが、これはまさにチート過ぎる能力のスーパーマンに対して「魔法でからかうだけ」という超小物なヴィランなのですが、無敵のスーパーマンは翻弄されて幻覚を見せられ、いつも苦戦します。 なぜこんなヴィランがいるのかというと、それこそスーパーマンがチート過ぎたため、新たな敵も毎回強さがインフレするだけ(ドゥームズデイなど)で単調になり、どんどん話がつまらなくなりました。 その問題を解決するために脚本家チームが考えたのが「強いとかそういう問題じゃない敵」だったわけです。 ヒロアカで死穢八斎會編の後にジェントル編が始まったとき、私は「ミスターミクシーズピトルクをやってる…!」と思い興奮しました(今でも一番好きなエピソードです)。 アメコミ好きな作者は「インフレではつまらない」ことには気が付いているので、例えば「最も重要なところでデクがパワーを全て失う」などの展開によって、 ドラゴンボールのような「結局強い奴が偉い」ではなく、HUNTER×HUNTERのように「ロジックで魅せる」バトルを見せてくれるはずだと期待しています。 (画像はミスター・ミクシーズピトルクに翻弄されるスーパーマンです)

画像

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/23 13:16

あー技術で魅せるキャラめっちゃ好きです。デクには一回死柄木に能力全部取られるとかしてほしいですね。

3

わかる。 一応、こういう言い方もアレだが、おばちゃんなこともあって途中までは「デグちゃん立派になって。」〈ハンカチで涙をぬぐい)な感じでほのぼの?見てたんですが、チ-トは悪くねぇけど、味方面子の強化もしてくれんかなって思っちゃいますもん。 いや、敵がやばいから強くなったぜ、は分かるけど。 デグだけが強くなるのは違う気がする。 なんつか、別に踏み台というか敵のやばさの表現に味方面子負けていいのよ。 でも、何の努力もフラッシュアップもなしにデグだけってのがいただけない。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/23 13:12

轟チートって言われてたころがちょうどいいですよね