ID非公開

2021/6/30 21:08

33回答

海外に持っていくタバコについて

パスポート | 税金45閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

渡航先の税関からしたら、どこで買ったかは関係ありません。 空港免税店で買った 市中の免税店で買った コンビニで買った 等は全て輸入品です。 免税店で買うのは買う国での消費税等が免除されるのであって、渡航先の税制とは関係ありません。

その他の回答(2件)

0

>>>行き先の国によって免税範囲が違う そうです、1カートンまで(例:アメリカ)という国だけでなく、2カートンまで免税(日本もそう)の国もあるし、1箱(つまり20本)までの国もあります。まあ中には1本から(つまり持ち込むタバコすべて)課税の国もありますけど。 >>>免税範囲と持込制限って違いますよね? 免税範囲は免税までは課税されないが、範囲を超えるとその分に課税されます、ただし没収や廃棄処分にはされません。 持込制限は持ち込める最大量を示しますので、それ以上は持ち込みが出来ません。支払う税金には無関係ですので、オーバーした分は関税を払うからといっても無駄です、持ち込み自体ができません。 >>>持込制限がかかっていない国で免税範囲が1カートンならば日本の免税店で1カートン買ってってトランクの中に入れてある日本のセブンイレブンで買った2カートン持って行っても問題ないってことですか? 持ちこめるかについては問題なく持ち込めます、没収にはなりません。ただし2カートンが免税範囲を超えるので超えた分には課税されます。日本で買ったタバコが日本で課税されたものか免税のタバコかは入国する国にとっては全く無関係です。あくまでその国に合計でどれだけ持ち込むかが問題です。

シンガポールは1本から課税です。つまりシンガポールにたばこの免税範囲はありません。1カートン持ち込むと税関で200本すべてに課税されます。 逆に3カートン以上も免税で持ち込める国もあります。 サウジアラビア 600本。レバノン 800本。まあ行ったことないので情報だけですが。

0

>日本の免税店で1カートン買ってってトランクの中に入れてある日本のセブンイレブンで買った2カートン持って行っても問題ないってことですか? 合計3カートン持ち込める国等有りません。 世界有数のタバコに厳しいシンガポールでは見つかると 隠し持って隠匿の犯罪と見なされ罰金120万円支払う 事に成ります、クレカは使えず現金納入です。 その覚悟が無いなら素直に最大1カートンまでに しましょう。 シンガポールで購入したタバコには全て「SDPC」というシンガポールの納税済みの証明が付けられており 持ち込み制限の実際の運用が課税、免税措置でしょう。 例えばシンガポールは国民の健康の為持ち込み制限が 有ります。 シンガポールは、国民に成るべくタバコを吸わせない 為に、タバコの値段は1箱1000円以上です、1カートン だと1万円以上です。 海外からの観光客は1箱ではなく吸いかけのタバコの 箱の端数まで数えて1本あたり42.7セントSGD徴収します 日本円で¥35程度です。 そしてシンガポールで販売して居るタバコは課税済みの マークとしてタバコ1本1本に「SDPC」と印刷して 有ります。 もし町中でタバコを吸っている時にチェックを受け、その 「SDPC」マークの無いタバコを吸って居ると密輸脱税行為 として厳罰が課せられます。 海外旅行客が持ち込めるのは最大200本までで、それ以上 は税金を払ってもダメです、所有権放棄、廃棄です。 そして町中で持ち込んだ200本のタバコを吸う時には 空港で支払った85.4SGDの領収書を提示出来ないと逮捕 されます。 又入国時200本を越して隠して持ち込んだ場合には 初回犯のみ1箱に着き 200SGDの罰金が科せられます。 1カートンだと2000ドルです。 もし初犯でなく3回目の隠匿入国だと1箱に付き800SGD の罰金です。1カートンなら8000ドル 邦貨換算して 1カートン64万円以上の罰金です。