ID非公開

2021/7/12 8:13

44回答

バラのクロロシスに関して質問です。 30鉢くらい育てているのですが1番花が終わり2番花が咲き始めています。

画像

バラ110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/7/12 16:01

地植え出来る場所がなく、鉢植えばかりの状態です。 変更したのは肥料だけなのでそれが原因の一つかもしれません。 有機肥料に戻すか、交互に施肥するか工夫してみます。 硫酸アンモニュム試してみます。 回答ありがとうございました。

その他の回答(3件)

1

私が思うに肥料を施肥してるのに「クロロシス」白化現象が起こるのは、色々な要因はあると思いますが、肥料過多による特に「リン酸肥料の与え過ぎ」で鉄欠乏が原因では無いかと思います。 リン酸肥料を過剰施用した場合に発生しやすい。 他に、マンガン、銅、亜鉛などの重金属類の過剰により鉄欠乏が誘発されることがあります。 鉄は作物体内の物質代謝過程における酸化還元反応と関係しています。 鉄は葉緑体のリンタンパク質と結合しているため、欠乏するとクロロシスが現れる。鉄は体内移行性が低いため、その欠乏症状は新葉に現れる易い。 私は肥料を切ってメネデール(植物に必須の要素である鉄を2価のイオン(Fe++)として含みます) 『鉄力あくあ)(有機酸鉄錯体の成分が2価鉄を即効的に供給します。) などを使ってます。根や葉水して吸収させてます。 一度抜けた白化は戻り難いのですが、新葉は大丈夫です。 あくまで経験値の話なので参考までに!

1人がナイス!しています

0

参考になるか分かりませんが、うちも60株以上のバラを育てているのですが、クロロシスはほぼなったことはないのですが、もしかしてうちは、有機肥料を与える時に一緒に、海藻エキスも与えているからかな?と思ったのですが。。 ミネラルが豊富で、バラにとても良いと聞きました。クロロシスって確かミネラル不足もよくないんでしたよね? ネットで簡単に買えるので、良かったら試してみてくださいね。ほんのひとつまみで良いみたいですよ。湿気やすいので、乾燥剤を入れて密閉して保管するとよいですよ。バラさん、早く回復するとよいですね(*^^*)。

ID非公開

質問者2021/7/12 10:20

薬剤散布の時に海藻エキス粉末「アルギンゴールドエキス」を混ぜて散布しています。 気まぐれですが潅水もしています。 ミネラル不足は大丈夫かと思うのですが足りなかったでしょうか。 バラを育て始めて7年ですがこんなにクロロシスになったのは初めてなので焦っています。 先の回答者への返信で大雪で冬剪定しか出来ておらず用土替えしていないのと肥料を変更したせいかもしれないですね。 肥料を変えたりしてちょっと様子みます。 回答ありがとうございました。

0

10-13-6-1だったかな? 確かにリン成分が多いようですね。 これらの××の花との肥料は、大概は花色が良くなるとかを売りにリン成分を多くしています。 リンは、亜鉛・銅・(カリウム)(鉄)と拮抗作用があります。 普通の植物栽培では、N・P・K・Mgの並びは、尻下がりに数無くするのが普通ですが、海外・特にアメリカでの肥料はPの配合が多いのが特徴です。 アメリカの容器栽培での培土の例を見ますと、砂(質は分かりません)とピートモスorココピートでの配合が多いようです。 とすれば、培土は酸性には間違いは無いと言えますので、酸性では効果がマグネシウムの効果が薄いので、クロロシスの発生が疑われます。ところで貴方の使用されています培土は?? 若し、有機質が多ければ、窒素飢餓による被害かも知れません。 そのクロロシスとして、下葉から全体的に発生をしていますか? 下葉に始まり、上葉に広がっているようであれば、明らかにマグネシウム:苦土の不足となりますが、不足なのか他との拮抗作用で働けなくなっているのかは子細は分かりません。 多分として、全体的に葉にクロロシスが見えるようであれば、土が酸性に傾いて、中量要素の不足現象を起こしているとも考えられます。(土の中にはあるが、働かない) クロロシスの発生は、解決が簡単では無いです。と言いますより「分からない」のが現状かと思います。 肥料成分をプラスするより、何をマイナスすれば良いかを考えることです。 ハイポネックス原液や、リキダスなどと与え過ぎですよ。 減らすことを考えましょう。与え過ぎは、不足よりは始末が悪いです。 クロロシスの発生は、品種によりと、接ぎ木でのスクリーン効果でも発生します。 大変ですね。原点に戻り培土の配合を行って、肥料は最低限にしましょう。 具体的には対策を示せないのは申し訳ありませんが、本職でも分からない事が多いのです。 特に品種差、実生では問題は無いが、接ぎ木をすると発生をするのは困りますが、同じ品種で、同じと思える露地植での隣の木とも違うとの例は普通に経験しています。 今回は、肥料の与え過ぎでしょうね。拮抗と相乗の結果と見えます。

ID非公開

質問者2021/7/12 10:14

培養土はバラの家プレミアローズ培養土です。 今年の冬剪定の時期に大雪になり、剪定だけで用土替え出来ていないのでそのせいかもしれませんね。 下葉から全体的に発生しています。 マグネシウム不足が原因かもしれません。 マグネシウム不足にはリキダスがいいと京阪園芸のyoutubeでみたのですがリキダスはダメだったんでしょうか。 肥料は今までバラの家のプレミアローズセレクション(有機肥料)を月1回だったものをマイローズに変えて2か月に1回としました。 これでも施肥が多いとなると減らすしかないですよね。 とりあえず今年はある程度諦めて冬剪定の時期に用土替えしようと思います。 回答ありがとうございました。