父親が亡くなり相続の配分をしています。 母親ありで、子供3人です。 子供の部分のはなしですが、 土地は二か所あったので、長男と長女がひとつづつもらいました。

税金 | 土地61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

土地は売却益が出ると課税されたりするので、実税価格の土地と現金とはイコールでない部分はたしかにありますよね

お礼日時:7/26 20:26

その他の回答(5件)

0

そこは考え方でしょうね、土地は売り方によって上下しますし、固定資産税など 予想外の出費もありますから、、、例えば誰かが3等分して他の2人に先に選ばせればみんな不満は言えませんよね、 私は土地は不安定で現金のほうがいいですね、

0

相続税評価額は、実勢価格(実際の取引が成立する価格)より2割ほど安いです。 実際の遺産分けは実勢価格でしたとしても、相続税の申告納税は相続税評価額でします。 長男は実勢価格3000万の土地を相続したが、相続税の申告納税は相続税評価額2400万でするといったことになるので、相続分から相続税を差し引くと土地を相続した人の方が多くなることはままありますが、それは調整しません。

0

残念ながら、そうでしょうね。 不動産の評価が安いのは、現金化が難しい、という意味もあるからです。 税金は、金銭納付が基本なので、仕方ないです。

0

土地を持っていると手間がかかるし、売ると仲介手数料や譲渡税がかかります。 私はその三人の中では現金をもらった人が一番良いと思いますよ。