小学二年生の子をもつ親です。 文章を理解する力がなく算数も計算問題はできるけど文章問題は全くダメです。

算数 | 小学校244閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

詳しく教えていただきありがとうございました! ①の文章もわかっていません! ②なんてもってのほかです。 音読はできてます! たとえば、担任の先生がクラスみんなに「今から○○してください」と自分で何かするという事を投げかけても、何をすればいいの?とみんなより出遅れて周りをじっとみて始めたりします。それが1対1とか先生1人に息子含めた2名、3名に説明してくれたらわかるようです! 確認をとるといわれましたが、本人もなぜわからないのかがわかっていません。 こればかりは強制しても苦なだけだから楽しく学べれたらいいんですけどね、、、

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!本当に助かりました!

お礼日時:7/15 21:14

その他の回答(3件)

2

他の方も仰っていますが、「大人のものさし」で測るのはよくないです。小学二年生にとって「文章題」がいかに高い山なのか、大人が理解する必要があります。子供はまだ語彙も少ないです。それだけに、大人の表情からその感情を読み取ります。大好きなお父さん、お母さんが「この子は、文章題が苦手なののね。他の子はできるのに」みたいに考えていると、敏感にそれを読み取って、算数嫌いになりかねません。 具体的なアドバイスはyyyさんの回答がすばらしいと思います。

2人がナイス!しています

1

読解力を身につけるには、本を読ませてどのように感じたかを聞いてあげることが大切です。 ●「いつ」「どこで」「だれが」「何をした」のかを確認しましょう。 ●主人公の言葉から気持ちをどのように汲み取ったかを確認しましょう。 ●作品を読んで、お子さんがどのように感じたかを確認しましょう。 このように、本を読ませるだけでなく、どのように理解しているかを確認し、親御さんの意見を聞かせてあげることが必要です。 また、小学二年生がどの程度の到達点に達していれば標準なのか確認しておきましょう。 大人のものさしで測ってしまうと、焦りが出てきてしまいます。 本読み以外でも、マンガや映画や学校の出来事でも良いので、こういった会話を多く入れながら勉強していくのが良いでしょう。

1人がナイス!しています

1

本を読むのがいいと思います。 物語とか、頭に入っていきやすいものや、子供の好きそうな本。 ただ、読みなさいじゃなくて、1行ずつ代わりばんこに読むとかして。

1人がナイス!しています