回答(7件)

0

イチローは野球をよく知っている人が震えるスゴさ。 大谷はだれでもわかるスゴさでスター性では超えているのかな。

5

遙かに超えたと思います。 オールスターの先発投手として、160㎞/h 超の剛速球を投げ、無安打に抑えた。 オールスターまでに、33 ホーマーを放った。 この胸のすくような活躍は、同じ日本人としても、晴れがましく誇らしいです。 それにくらべ、イチローは数字だけです。コツンと当てて、一塁へ駆け込む姿はみじめったらしく、誇らしい気分にはなれませんでした。 (オールスターでのランニングホーホーマーが唯一の見せ場でしたが) 大谷は、姿を見せてくれるだけで、わくわくドキドキ、期待に胸が躍ります。 大谷翔平選手は、ここ100年の、あらゆる分野の日本人のなかで、最も大きな仕事をやってのけてくれたアスリートだ! と言っていいと思います。

5人がナイス!しています

1

大谷翔平(27)は現役で 唯一無二の二刀流で イチロー超えているのは、 シーズン途中ではあるが… ホームラン33本 (イチロー1995年オリックス 25本) 投手として日米50勝 (NPB5年42勝、MLB4年目8勝) 身長193>180cmイチロー 2013年の日ハム入団以降、投手と打者を両立する「二刀流」選手として試合に出場。2014年、11勝、10本塁打でNPB史上初となる 2桁勝利・2桁本塁打を達成。2016年、NPB史上初となる 投手と指名打者(DH)の両部門でベストナインのW受賞に加え、リーグMVPに選出されたダニ。 投手としての球速165km/hは日本人最速記録とNPB最速記録。 2017年オフにポスティングシステムでMLBのロサンゼルス・エンゼルスに移籍。 2018年から投打にわたって活躍し、同年はアジア人史上4人目(日本人史上4人目)の新人王を受賞したダニ。 イチロー(47)は 日米通算28シーズンプレーし ① MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打) ② 通算安打世界記録保持者NPB / MLB通算4367安打 ギネス世界記録。 ③ 最多試合出場記録保持者 NPB / MLB通算3604試合出場 ④ NPBで最多タイ記録となる首位打者を7回獲得。 パ・リーグ最多記録となる最多安打を5回獲得。 ⑤ MLBでは10シーズン連続で200本安打を達成。 ⑥ アジア人史上初の首位打者と盗塁王のタイトルを獲得。 ⑦ アジア人史上初の 2001年シーズンMVP シルバースラッガー賞 ゴールドグラブ賞を受賞。 ⑧ 2001年アジア人史上3人目(日本人史上3人目、アジア人打者史上初)の新人王も受賞。 ちなみに共通点は ① MLBで新人王。 ② イチローも高校までピッチャー ③ 血液型B型。 大谷翔平選手はどれだけ活躍できるわからないが… 今シーズンのアメリカンリーグのホームラン王は獲って頂きたいダニ~ (o^∇^o)ノ

1人がナイス!しています

3

両者共に天才ですが、大谷が今後10年どう結果を残すかだ、イチローへのハードルは高い。

3人がナイス!しています