会社でどうしても必要な職種の方が、退職を願い出て8月末で辞めることになりました。この方が、いないと事業は成り立たず、会社は、事業の継続は難しいと急に8月末で閉鎖することになりました。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

すっきりと自分の気持ちに落とし込むことができました。ありがとうございました。

お礼日時:7/16 18:19

その他の回答(6件)

0

退職される方は自己都合で退職されます。 逆立ちしても会社都合になりません。 その他の方々は、会社が破綻すると同時に失職ですから、 会社都合になります。 有給休暇は、在籍中は取得権がありますから退職当日まで取得可能です。 貴方が御腹立ちでも、制度は可能で有ります。

0

自己都合でしょ。だって、この人が先に会社を辞めて、 それから会社がなくなるんだから。。。 それにしても、その人がいなくなるから会社をたたむって、 それって会社として成り立っていなかったってことですよね。 会社って、すべての人がただの歯車のはずで、 歯車の交換ができてこそ、会社なので。。。

0

この人は自己都合です。あと8月17日から有給はおかしくありません、正当です。廃業についてはあなた(経営者)の責任です。資格者がいないと運営出来ないのは普通にありますが、後任を探さない、育てない契約の責任です。他の社員は会社都合退職になりますが、何故急募しないんですか?

2

従業員が1人不在になって会社閉鎖とか、 それはもはや会社とは言えません。

2人がナイス!しています

0

まず会社都合か自己都合かでいうと間違いなく会社都合です。廃業により辞めるわけですから。潰れる会社には何も不利益はないので、そこは問題ないでしょう。 その辞める人は社長ですか? そうじゃないんであれば、そのひとのせいにするのはお門違いです。 組織は人に依存してはいけません。誰かがいなくなったからって成り立たないのは会社のせい、つまり社長の責任です。社員ひとりが辞めるのは身勝手でも何でもなく、文句を言われる筋合いは一切ありません。むしろ言い返されますよ。正当な理由なんてありませんよ。あっちが正当なことをしています。 その人依存から脱却できなかった経営者が無能だったとしか言いようがありません。 あと同様に特定の取引先がなくなったらつぶれるってのもそうです。ひとつの会社で売上の3割とかをまかなってたら当然危険ですよね。 すべて経営者の責任です。