「南無妙法蓮華経」の七字は経典には書かれていないとのことですが、 「南無阿弥陀仏」六字は経典に書かれているのですか? 書かれているのなら、どの経典のどの部分に書かれているかを教えてください

宗教45閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

無量寿経と阿弥陀経は 北インドで1世紀ころに書かれたもので 阿弥陀仏とその国土である極楽の様子が説かれ 極楽浄土に生まれたいと願う者は仏になることが約束され、 阿弥陀仏の名を心から念ずれば往生が定まると説かれます。 善行も戒律も守りきれない者はたとえわずかな回数でも、 一心に念ずれば往生がさだまると説かれます。 ただ阿弥陀仏の名を聞いてたった一度でも念仏すれば、 必ず極楽に往生できると説かれます。 もうひとつ観無量寿経という経典もありますが これは中国で創作されたものということがわかっています 南無妙法蓮華経は鎌倉時代に日蓮が創作したものです