回答受付が終了しました

Wikipediaに寄付について

2人が共感しています

回答(4件)

1

私はWikipediaがなくなると何かと不便なので、昨年300円だけですが寄付しました。 そして寄付したことも忘れていたのですが、「今年もお願いします」的なメールが届いて、え!?詐欺メール!?と驚きました…。 ほとんどの人が寄付しないようですし、嫌だったら別に無理にすることはないと思いますが、年300円程度ならカフェでコーヒーを頼む程度ですし、試しに1度くらいは寄付してみても良いかもしれません。

1人がナイス!しています

1

しかしあなたは大丈夫ですか? Wikipediaがなくなったらちょっとしたことや至急調べたい単語などが無くなってしまいますけど。 Wikipediaはたまに記載れてる情報がでたらめだったりバグで表示されてない事もありますが、それは少ない費用で大きいサーバーを維持してお金儲けのためにやっていることではなく誰かの需要に答えて誰かの力になりたいからと言う気持ちで頑張ってますよ。 広告記事や広告動画がないのはそう言う意味なんです。 300円でも十分貢献できるし300円ならジュースやお菓子を買う感覚ですし。 まぁ寄付だから強制ではなくあくまでお願いですからあなた次第です。

1人がナイス!しています

1

wikipediaは、wikimedia財団という非営利団体が運営しています。運営資金はすべて寄付金でまかなっています。これは、最初からの基本方針です。しんどくなってきたわけではありません。多くの利用者はこの方針に賛同して寄付をしています。ただし、寄付は任意なので、払いたくない人は払わなくても構いません。私は毎年 1000円寄付しています。

1人がナイス!しています