確率(余事象)の計算なんですが、 1-26/26×25/26×24/26×23/26≒0.21なのだそうです。 分数の部分を簡単に計算する方法はありますか?

高校数学 | 公務員試験40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 数字が大きくなると計算ミスしてしまうので、簡単にやる方法無いのかな・・・と思ったのですが、計算ミスに気をつけて地道にやろうと思います・・・ 問題文を転載することは出来ないのですが、選択肢に①5%,②9%,③13%,④17%,⑤21% とあって、最も近いものを選ぶという問題です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧にご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:8/4 6:47

その他の回答(3件)

0

26/26、25/26、24/26、23/26 どれも1または1より小さいので、 掛ければ1より小さくなります。 >分数の部分を簡単に計算する方法はありますか? 確率の計算では分数で答えます。

回答ありがとうございます。 この問題が確率の問題としてはめずらしく、最終的にパーセントで答えさせる問題で、その途中の計算式が質問の式になります。 解説でポンと出てきたので「?」となりました・・・

0

そもそも どうみても 分数の方が1より大きくなることはありません 小学生でもわかることです (具体的に何になるのかわからなくても) というのも 分数の掛け算と割り算を習った時に (いや、勘が良ければその前の小数の掛け算と割り算を習った時でピンって来るかも) 1より大きい数字でかければ 計算結果はかけられた数より大きくなり 1より小さい数字でかければ 計算結果はかけられた数より小さくなる と習うからです 26/26がスタート 次の25/26は1より小さいからこの時点で26/26より小さくなる(これを①とする) その次24/26は1より小さいから①より小さくなる(これを②とする) その次23/26は1より小さいから②より小さくなる つまりスタートの26/26は1ですが それよりかけることで小さくなるから 絶対1より小さい数字が分数部分の計算結果になり それが1から引く数ですから マイナスになるはずが無いんです 計算ミスを見つける方法として 確率がマイナスになるならないより以前に そういうところもしっかり知っておいた方が良い

返信ありがとうございます。計算ミスでした( ˊᵕˋ ;) 分母が同じ、分子が分母より小さいので、1より大きくはなりませんね。 あまりピンと来ないタイプの人間でした・・・