中堅私立中学3年の数学の問題です。(高校1年数Aレベルです。) どなたかわかりやすい解説付きで解答願います。

画像

ベストアンサー

0
画像

2,4,6,5の目が含まれる場合を直接考えると、かなり細かく場合分けしなくてはなりません。 偶数か奇数かでも、積が偶数なのは(2,4,6)のいずれかが含まれる場合ですが、少なくとも1つ含めばよく、残りの目は何でもよいとなると、場合分けがけっこう面倒です。 それよりも、奇数の場合を考えて、全体から引く方がラクです。 積が奇数というのはすべての目が奇数(1,3,5)のときに限るからです。 同様に、5の倍数を考えるより、5の倍数でない場合を考える方がラクです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 他にも確率の問題を質問しているので解答、解説していただけると助かります。 中堅私立中学3で検索すると引っかかります。 よろしくお願いします

お礼日時:7/21 21:08

その他の回答(2件)

0

1個づつ考えるのも良いが 出る目の積が10の倍数になる場合は、重複を避けて ➀(5,偶数,5以外の奇数(つまり1,3)) ②(5,偶数,偶数) ③(5,5,偶数) の3通の組合せである ➀の確率=3!*(1/6)*(3/6)*(2/6) ②の確率=(3!/2!)*(1/6)*(3/6)² ③の確率=(3!/2!)*(1/6)²*(3/6) 出る目の積が10の倍数になる確率=①+②+③=1/3…答

ありがとうございました。 他にも確率の問題を質問しているので是非ご教授願います。 中堅私立中学3で検索すると引っかかります。 よろしくお願いします。

0

出た目の積を10の倍数にするためには(2,5,x)となれば良く、 (2,5,x)が6通り (x,2,5)が6通り (5,x,2)が6通りの 18通りが存在する これに(x,4,5)と(x,6,5)の合わせて54通りがあるわけです。 また3つのサイによって出せる種類は(1,1,1)から(6,6,6)までの216通りであるから 54/216=1/4である。