ID非公開

2021/7/28 18:00

22回答

簿記について質問なのですが、当座預金などは預金保険制度により全額負担されるのに、定期預金などは1000万円までしか保護されないのですか?

簿記35閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

当座預金は「支払委託契約」で 支払いの為のお金を預けているだけですから 利息も付かない(つまり銀行が預かった他人のお金) 定期預金は「消費寄託契約」で 預かったお金を利用して投資活動を行い その利益を配当したのが利息となる金融商品の一つ (つまり銀行に預金者が投資したお金)