トヨタはなぜGSを生産終了してESを残したのですか?

画像

自動車 | 新車118閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

海外でもGSの販売実績は不振である一方で、ESはレクサスの主要マーケットである北米、中国では順調に売れており、レクサスのセダンラインナップでは一番の売れ筋だから。 GSは、欧州プレミアムブランドのライバルに対抗する事も出来ず、テコ入れが必要だったにも関わらず、LSをドライバーズカーに寄せてスポーティーな乗り味にしてしまった結果、それが却ってGSの存在意義が無くなってしまいました。 一方で、FFセダンのESは広々とした室内と乗り心地の良さ、そしてライバルブランドよりも安価な価格設定が支持されており、2代目から現在の7代目までヒットを続けており、代々、レクサスの稼ぎ頭の一つになっています。 そこへ来て、世界的なセダン市場の縮小傾向が強まり、レクサスも売れ筋のSUV中心のラインナップに切り替えた事から、GSは集約対象として選ばれてしまいました。 結局、ライバルに対してGSとしての「売り」が無かった事から、市場での支持を得られず、中途半端な位置付けの車になってしまった、という評価だった、という事です。