仕事の業務でAccessを使用しています。 クエリ上は空白(null値)となっているものの、レコード数としてカウントされない事象が起きているですがどのような原因が考えられるでしょうか?

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 後ほど試してみます。 ちなみにNullと長さ0のデータが混在してしまうのは、インポート時のデータ型の違いによるものでしょうか? ※対象クエリの計算式等は、前回更新時から何も加工していないのですが、、

ThanksImg質問者からのお礼コメント

無事解決する事が出来ました。 ありがとうございました。

お礼日時:7/26 0:52

その他の回答(2件)

0

はずれだとは思いますが・・・ テーブルのフィールドの設定で、 テキスト型のフィールド「空文字列の許可」が「はい」になってると、 Nullだと思っていた箇所(レコード)が実は「""」だったとか、 その逆もあるので、抽出件数が正しくならないときがあります。 昔は「空文字列の許可」が「いいえ」が既定値だったのに今は「はい」が既定値なんですね。 自分はそういうトラブルがあるので、 テキスト型の「空文字列の許可」はいつも「いいえ」にしてます。

いちおう、「空文字列の許可」を「いいえ」に直しても、 空文字を入れてしまったレコードは「""」のままだった気が・・・ うろおぼえですみませんが、 「空文字列の許可」を「いいえ」に直した場合は、 「""」のレコードに「Null」を埋め直したほうがいいかもです。

0

単なる "~*" (= "~*"の意味になりますよ) ではなく、 Like "~*" なのかなと思いますが、 Is Nullだけの抽出条件にした時の結果と Like "~*"だけの抽出条件にした時の結果を確認しておきましょう。 その上で、 抽出条件| Is Null Or Like "~*" とするか、 抽出条件|Is Null または...|Like "~*" として、再度確認してみてください。