「青天を衝け」で、徳川慶喜が大政奉還をしたときに、徳川家康は何かを言い たげでしたが、何を言いたかったのでしょうか?

日本史 | ドラマ3,359閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

9

9人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 徳川慶喜については、聡明しすぎるがゆえに、相手から理解されにくいという一面があるようですが、一方「失感情症」という説もあるようです。 失感情症は、あまり生気が感じられず、葛藤状況やフラストレーションがたまる状況では、内省したり困難に上手に対処したりするのではなく、むしろそれを避けるための行動に走ってしまうようです。そしてその最大の特徴は「自分の感情を表現する言葉を見つけるのが難しい」ということでした。そこから感情を言い表す言葉が欠けてしまうそうです。 いずれにしても徳川家康としても、かける言葉に困ったのかもしれませんね。 でも、草彅剛さんはいい演技をしていると思います。「血洗島・青春編」の頃は、あまり面白くなく、結構見るのを止めてしまった視聴者も多かったようですが、草彅剛さんの徳川慶喜が出るようになると、少しずつですが、次の週が楽しみになってきました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

BAは、最初に回答していただいた「高武蔵守師直さん」を選びたいと思います。皆さん貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:7/25 19:40

その他の回答(2件)

0

渋沢栄一は、大政奉還について「神祖以降三百年之御鴻業一朝御自棄被為成、到底彼之黯略に御陥り被成終には御挽回も難被為成」と書いたそうです。 番組としても、家康が渋い顔をすることによって渋沢の考えを表現したのでしょう。渋沢が主人公ですからね。 家康は三方ヶ原の戦いの後、浜松城を無血開城したでしょうか。 やはり、渋沢が思慮が不徹底と指摘した通りであり、武士の時代の終わりを感じさみしい限りであり、そのことがよく表現されているのではないでしょうか。

回答ありがとうございます。 やはり、徳川慶喜の決断は、渋沢栄一や徳川家康にとっては短慮として映ったのでしょうか。 長い間、苦労して維持し続けてきた徳川幕府の政権を、一晩で投げ出してしまった慶喜への批判も、きっとあったのでしょうね。

0

何を言いたかったのでしょうか。本当に。 1.なんてことをしてくれたんだ。 2.時代の流れとしてここで、終わらせるのもまあ良かろう。 3.家康の再来と言われる慶喜お前が終わりにするか・・・。 いろんな解釈はできるかと思いますが。まさに前の方のいうように大政奉還の理由にはいくつも解釈のしようがあるわけでそれによっては上記の内容以外のセリフもあり得るでしょうね。 家康公是非最終回まで出てほしいですね。歴史の転換期みたいなシーンでは特に。

回答ありがとうございます。 確かに、おっしゃるとおり北大路欣也さんの顔の表情も、時間の経過とともに変わっていきましたよね。 最初はビックリした感じから、次に非難している様子、そして時代の変換としての「あきらめ感」といった感じでしたかね。