サラリーマンがネクタイをつけるのはなぜですか?やはり現代社会の奴隷階級なので首輪をつけなければならないからあでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

ネクタイをしたほうが引き締まって格好良いからと思います。 一昔前までは、ネクタイはサラリーマンの象徴の一つでしたが最近は、奴隷階級的なサラリーマンはネクタイも買えないので、オフィスカジュアルの名の下にノーネクタイとなってきています。 それにともない、ネクタイをしているサラリーマンは、上級サラリーマンの証に今後はなってくる傾向を感じております。 腕時計でもこの傾向がみてとれます。

0

現在のような形のネクタイに近いのはイングランドで王族が競馬場を訪れる時に着用していたものが、正装となったものです。 社長から国家元首がネクタイをするのは社会の歯車の一部でしかないとする戒めです。

1

歴史的な解釈は他の回答者さんに譲るとして、現代でネクタイを着用するのは欧米のドレスコード文化の影響でビジネスの場で相応しい服装はドレスシャツにネクタイ、スーツと決められたからです。ですから礼節を守るために皆さん着用しています。ドレスコード的にネクタイをしている方がしていないより格上の服装です。(と言うか、スーツにネクタイをしていないのは飛躍しますが着物に帯をしていないのと同じように完全に中途半端で、ジャケットを着ないでジーンズを履いているのとレベルは同じです。) ネクタイをして、お客様や目上の人などに対して敬意を払い心象を良くする為に使われています。当然この様な考えは急速に失われつつあり、ノータイやポロシャツでの出勤を許す会社も多くなって来ましたし、そう言った形に拘るお客さんも減って来たと思います。 「サラリーマンは現代社会の奴隷階級」か否かは貰っている所得や拘束される時間やレベルによって大きく変わるので一概には言えませんが、私の経験では勝ち組に属する会社役員等の方がしっかりとネクタイを締めていらっしゃいます。社会的立場が上がりTPOを理解している人が多くなるからと思っています。

1人がナイス!しています

0

スーツは軍服が時代とともに変化したものだそうです。軍隊時代の名残だった首に巻くチーフが飾りつけに特化して実用性をなくしたようです。なんとなくしているだけです。少し趣が違いますが、ボーイスカウト(偵察部隊のようなもの)が今でもしているネッカチーフは、広げると止血とか三角巾代わりとかに使えますよ。