ID非公開

2021/7/22 18:41

55回答

母親の年金について 父親の15年前に亡くなり今母親だけ年金で生活しています。 母親は厚生年金と国民年金で月90,000円です。

年金 | 税金、年金96閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

もらえなかったんですね、ありがとうございました

お礼日時:7/26 20:51

その他の回答(4件)

0

ID非公開

2021/7/23 2:17

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/shikyu/20140421-01.html 年金の時効 ページID:170010010-235-832-484 更新日:2020年12月25日 基本権 年金を受ける権利(基本権)は、権利が発生してから5年を経過したときは、時効によって消滅します(国民年金法第102条第1項・厚生年金保険法第92条第1項)。 ただし、やむを得ない事情により、時効完成前に請求をすることができなかった場合は、その理由を書面で申し立てていただくことにより、基本権を時効消滅させない取扱いを行っています。(平成19年7月7日以降に受給権が発生した年金について、時効を援用しない場合は、申立書の提出は不要です。) ――― 「知らなかった」「もらえないと思っていた」は「やむを得ない事情」にはなりません。 またすでに指摘があるように、死去時に子が18歳以上なら遺族基礎年金には該当しません。父上が国民年金(基礎年金)だけなら遺族厚生年金にも該当しません。

1

厚生年金を払っていないので遺族年金の申請は不可能です。但し数年でも厚生年金を払っていた場合は少しながらでも遺族年金の申請は出来ます。

1人がナイス!しています

1

>父親は自営で25年ギリギリかけて60,000円位国民年金を 老齢厚生年金の受給権がないのなら、 遺族厚生年金はありません。 25年なら、25/40x65000=月4万くらいになるはず。 老齢厚生年金の上乗せがあったのかもしれませんね、 あったなら、もらえます。

1人がナイス!しています

2

年金の時効は5年ですから、たとえ何かがもらえたとしても消えてなくなりました。

2人がナイス!しています