ソーラーパネル(100W)設置予定場所と使用場所が20m近く離れています。 どの部分を延長するのが損失が少ないでしょうか? 。

DIY | カスタマイズ36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

>>損失というより電圧降下が問題になります。 そうですね。ありがとうございます。 >>・パネル=コントローラー間 : 0.5V そんなにシビアなんですか。 ソーラーパネルがよくわかってないんですが、光のあたりかたで電圧が大きく変動するのかと思ってたんですが。電流が変化するだけなんですかね。 手持の30Aのケーブルで、電圧降下を計ってみるしかないですね。 アドバイスありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様回答ありがとうございます。 参考にさせていただいて、災害対策用のソーラー発電のDIYに取り組みたいと思います。 ソーラー制御機とソーラーパネルの電圧降下がそんなにシビアだとは知りませんでした。 勉強になりました。 他の方も、勉強になって有難かったです。 とりあえずは、スマホ等々のUSB充電用ですが。 最終目標は、家庭用冷蔵庫まで動かせるソーラー発電の自作です。 道は長そうですが。

お礼日時:7/24 17:22

その他の回答(3件)

0

業務用のソーラーパネルは1ユニットのDC電圧が275vだったが小さな容量のパネルは電圧が低いですね。 パネル~蓄電池が20mでも100wだから運用電圧12vでも電流max10A以下、従って1.25sqや0.75sqのコードでも保つから 手持ちの30Aケーブルで遙かな余裕です。 まあ相当小さなミニソーラーだから損失なんか気にする必要ありません。

回答ありがとうございます。 >>手持ちの30Aケーブルで遙かな余裕です。 >>まあ相当小さなミニソーラーだから損失なんか気にする必要ありません。 これで安心して使えそうです。災害時の対策用なんで。 ソーラーパネルとしては、最小だと思います。18Vで100Wって書いてあります。

0

太陽光パネルの開放電圧は21V~22V程度なのでAが一番損失が少ないです。 同じ電力なら電圧が高いほど電流が減るので損失が少ない。 Bは12V、Cは5Vですね。 なお、100W程度ならケーブル流用は問題ないです。

回答ありがとうございます。 やはり、(A)ソーラーパネルとコントローラーの間ですね。 ソーラーパネルって最高18Vと聞いていたけど、開放電圧だと結構高いんですね。 >>100W程度ならケーブル流用は問題ないです。 ありがとうございます。これで少しは経費節減できます。

0

電気的な損失は、直流ならば抵抗となります。 抵抗は距離に比例しケーブルの太さに反比例します。 延長すると損失は大きくなります。 ケーブルの太さを太くするのが抵抗値が下がって損失も減ります。 20mは遠いですね… ケーブルに交流直流の分けはありませんので使えます。定格電圧さえ守っていればですが

回答ありがとうございます。 どこも直流で、電圧も大差ないから、同じという事ですね。 12Vの直流で20mは遠すぎですか?。(日当たりが悪い家なので、日当たりの良い場所というと遠くなってしまうんですね)。 設置場所の再検討してみます。