回答受付が終了しました

初級簿記をやってますが小切手は手数料とられないんですか?あと小切手は受け取った時は現金で仕分けするのに受取手形はなぜ当座預金で仕分けするんですか?

簿記81閲覧

回答(2件)

0

>小切手は手数料とられないんですか? 小切手に関する手数料というのは、 ①銀行から小切手帳を受領する場合は、銀行に交付手数料を支払します。 ②小切手を受領した人が、その小切手の支払場所が遠隔地であるため口座に入金できず銀行に取立依頼したら取立手数料を支払します。 小切手は受領したら「現金」で仕訳します。 但し、その小切手の振出人が、 ①自分であれば「当座預金」で仕訳します。 ②自分でなくても当座預金に入金してから仕訳したら「当座預金」です。 手形を受領したら「受取手形」であり「当座預金」で仕訳することはありません、その手形の支払人が自分であれば「支払手形」となります。 不明な点は補足してください。

0

学習簿記では小切手や手形に関する手数料は発生しませんが、実務では手数料が発生します。 取引している金融機関に小切手帳、手形帳を発行を依頼し受け取る際に手数料(1冊50枚1綴660円~11000円、手数料は金融機関によって異なる)が必要です。 また、受け取った小切手や手形を決済する際、発行金融機関が遠隔地の場合取り立て手数料が発生します。 例えば、受け取った小切手・手形の支払い場所の所在地が東京で、神戸市内の金融機関で手形金額を受け取ろうとすれば取り立て手数料が発生します。 もし、支払い場所が神戸や同一地域とみなされる大阪だったりすれば預金口座へ直接入金すれば取り立て手数料は無料となるなど手数料が発生する条件が異なります。 (手形を金融機関で割引したり、額面を下回る金額で第三者へ譲渡した場合は、差額は手形売却損です。同時に取り立て手数料が発生する場合あり) 手形を受け取った場合、その場で当座預金として仕訳けはしません。 別勘定科目の受取手形で処理します。 満期到来した受取手形を当座預金に入金すれば相手科目は当座預金になるし、普通預金なら相手科目は普通預金になるので、一定ではありません(相手科目は裏書手形、割引手形となる場合もあるし、取り立てを忘れて手形無効となり、ペナルティの発生しない不渡手形となる場合もあり)。