追い越し禁止の場所では、原動機付自転車を追い越してはいけないが軽車両は追い越してもよい。 は正ですか?誤ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

正ですね。軽車両が相手の場合、道交法上の「追い越し」という定義が存在しないので、「追い越し禁止」も関係なければ、「追い越し禁止違反」もありません。

2

マルでいいですよ。道交法30条では、追越し禁止の対象車は「軽車両を除く」となっているので、自転車を追い越すのは「追越し禁止」にあたりません。 なお、二重追越しの禁止規定が法29条にあり、そちらは原付は対象外ですが、これは「原付を追い越そうとしている前走自動車」が追越しの対象で、自身が原付を追い越そうとしている場合ではなく、問題文のケースとは無関係です。 - - - 道路交通法 第29条 (追越しを禁止する場合) 後車は、前車が他の自動車又はトロリーバスを追い越そうとしているときは、追越しを始めてはならない。 道路交通法 第30条 (追越しを禁止する場所) 車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。 一 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾こう配の急な下り坂 二 トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の部分に限る。) 三 交差点(当該車両が第三十六条第二項に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分 - - -

2人がナイス!しています

1

道路交通法第30条より 「自動車や原付(原動機付自転車)を追い越すために進路を変えたり、その横を通りすぎたりすることはできません(自転車などの軽車両は除く)。」 ですので、あっていると思います。

1人がナイス!しています