脱植民地化って本当に良い事だったのでしょうか? 民族自決は良い事だと思いますし搾取を擁護する気も無いですが、アフリカや中南米に並び立つ独裁国家や貧困国家を見るに、あまりに無責任ではないですか?

世界史 | 政治、社会問題63閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

2

ほんまに自決かいな?ってケースがかなりあります 例えばローデシアって国が独立しようとしましたがその理由が「イギリス本国から人種差別政策を禁止したから」 つまり現地のエリート達(入植した白人)が自分たちの黒人を搾取する権利を守るために独立した!ってケースです 中南米を見るに、ブラジルを除き大国がないのも地方のエリート達が軍部と結託し好き勝手やっているからです この辺は(意外かもしれないが)比較的平等だったアメリカとの違いです 貧富の格差が大きく、富裕層が国をがん無視して好き勝手やっている(それを可能とするだけの経済力がある) だから国はグダグダになるわけです 中南米の独立の経緯を見ても結局はペニンスラール(=半島、つまり本国出身者)とクレオーリョ(入植した白人)との戦争でした つまり所詮は(本国出身の)金持ちAと(現地出身の)金持ちBの戦争でしかなく、中産階級(そもそもいない)や貧困層には蚊帳の外だったりしました だから独立がなっても、結局は金持ちBが好き勝手やっているわけです シモンボリバルとかカストロなんかは自分の出身(富裕層)と政治的立場でかなり苦悩したそうですが カストロは富裕層出身なので共産化にあたり自分の家族の資産を没収したので、身内から勘当されています 例えばアルジェリアでは独立賛成派は海岸部(都市部)の教育を受けた人たちで、地方や内陸部の人たちは無関心気味でした しかし独立賛成派は「お前らもアルジェリア人だろ!」と徴税などを強要した結果、彼らはフランスに加担しました(アルキ 本当の意味での民族自決、その集団の大多数の意思が尊重されるケースって実は案外なかったりもします

2人がナイス!しています

そもそも 例えば日本人といっても考え方が同じなわけではない つまり同じ民族といえど立場や境遇その他で考え方が違うのは至極当然です そして植民地独立の多くは別に選挙などをしたわけでもない つまり民族全体の意見や意思を尊重したのか?ってわけです 有名なケースですがアメリカ独立ですら、独立派は全体の2割程度 英国支持派(ロイアリスト)の方が多かった位です

0

まあ、独立すればなにもかも良くなるってわけではないし、独立してやっていけるだけの国家的リソースがなければ破綻するだけで、実際質問者さんの言うとおりです。 とくに問題なのは、アフリカの大量独立のかなりが、単なる米ソ冷戦競走における陣営獲得競争に過ぎず、本来は自立できないような独立国が多数生まれたことです。 冷戦時は米ソの支援があるからいいのですが、ソ連崩壊によって支援を失った小国は立ちゆかなくなりました。

0

善意からの提言であるのはわかりますが、ゴリゴリのパターナリズムまるだし発言だなあってしか。 だいたい、「ああなる位なら」って、そもそも「ああなる」かなんて、後ツケの結果論でしょうに? 神様でもなければ、どうなるかなんて判らないのに、蓋然性だけで民族の自決を封じるってことを、あなたはおっしゃってるわけですよ (むろん、列強の植民地・保護国から独立が始まった、第一次大戦後においては、そんな「蓋然性」さえ関知できませんが、それはお判りでしょうか?) 日本だって、近代国民国家へ転換するにあたって、どんな国に転んでいるかわからなかったのに。 結果として、大成功の部類が日本であって、それだって近隣諸国や戦場にされた国からすれば、「日本なんて」「西洋列強は日本を解き放って、あまりに無責任」と思ってる残念国家でしょうに(当時は)

0

>ああなる位ならまともな民主主義国家として自立出来るまでは同化でも何でも教育して面倒見てやれば良かった それを上から目線で、途上国をなめている考えといいます。 1950年代はアジア、1960年代はアフリカ諸国で、多くの独立した新興国が誕生し、各地で内戦や虐殺を含む政治的混乱が起きています。でもそれは独立した各国の民衆が求めた道だったのです。さらに東側の介入もありました。 途上国の民にとってが、欧米先進国の植民地を脱して独立し建国することが、豊かになる第一の道だったのです。 事実、各地各国で流血の独立運動が起き、宗主国としては軍や治安部隊を派遣し、いつまでも自国の若者の血を流す面倒や愚行を避けたのです。 50年代のインドシナ戦争、アルジェリア独立運動に対するフランスの国民、ケニアのモウモウ団に手を焼いたイギリスの民衆の声がそれでした。 なお民主主義国から 独裁に転じる例は 後進国だけではありません。 戦前のドイツ共和国のように先進国でもあります。 我が国だって、今の与党自民党のやり口をみていると 独裁国にそっくりです。

0

話が大きすぎ。 わざわざ金をかけて植民地を豊かに独立させてあげるなんて国民に無責任だし。それぞれの国に事情がある。 あなたの文では世界全体とか人類全体で考えすぎだと思う。 それぞれの国は自分のため、自分の国のために動いているから、はっきり言って他の国の事なんて二の次なんだよ。 良いことか悪いことかの判断は自国の利益になるかどうかだけなので、「イラク戦争」は悪いことですか。と聞かれたらアメリカにとって確実に失策と言えるけど。 欧米各国は無責任じゃないですかと言われても、それで国が得をするなら良かったし、駄目なら失策だったよね。で済む。 誰目線でどこをゴールにしてるのか、あなたは世界全体で飢餓や紛争のない世界をゴールにしてるのかも知れないけど、その視点をもつ国はないよ。