回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/24 17:18

44回答

アセンブリ言語しかなかった時、

回答(4件)

0

一番最初は、マシン語です マシン語は8800とか9800の様な数字の羅列でして、40年ぐらい昔まではその数字と意味の対応表を皆持っていて、簡単なプログラムなら直接マシン語をコンピューターのメインパネルから打ち込んでいました さすがにその当時でもFortranの様な言語は有ったが、直接マシン語を打ち込んだ方が早い場合もありました アセンブリ言語とマシン語は1対1対応なので、アセンブリ言語からマシン語に変換するプログラムは、頑張ればマシン語で作り上げる事ができます 今となっては廃れた匠の技です

0

自動でアセンブルするためには、「高いお金を出してアセンブラを買う」か、根性出して自分でアセンブラを作りました。 もちろん、どちらの選択肢であっても、「誰がしたか?」が違うだけで、「手動でアセンブルして作った」ことには変わりありません。

0

>自動でアセンブラするためにどうしていたのですか? 自動でアセンブルするソフトがアセンブラだよ。 手動=人間が自らアセンブルすることを、ハンドアセンブルと呼ぶ。 インストラクションコード表を片手にね(そのうち覚えちゃうが、その当時のCPU/MPUなら)。

ID非公開

質問者2021/7/24 18:07

アセンブラの中身は何で書かれているのですか?

0

アセンブラしかないころはアセンブラでプログラムを書いていました。 私は、カードに自分でパンチしてアセンブラを書いていた。 1970年代のこと・・・ それをカードリーダで読ませて、アセンブラで機械語に