ID非公開

2021/7/24 20:21

55回答

中小企業の事業主です。 労使間紛争でトラブってます。一部の従業員へ、強引な配置転換及びに不利益変更(減給)を申し付けたら、ユニオンに駆け込まれました。 会社の就業規則には、配置転換時に、 賃金の見直しを

補足

配置転換にあたり、基本給約10パーセントの減給を申し伝えました。これが法律に抵触するとは知りませんでした。

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

今回の場合、先方からの訴訟を待っても良いと思います。民事訴訟の場合、大抵は和解で終わります。先方が受け取れるのも減給分だけですので、費用倒れになります。 裁判費用はあなた側の負担になるかもしれませんが、弁護士費用等は先方持ちです。訴訟をする際会社側は弁護士をつけずあなたご自身が対応することもできます。

0

問題は貴社様の就労規則?労働契約者に明記されてあったのかなかったのが争点?労務士なんかじゃあきまへん!弁護士いるべきですよ♪ 拉致があかなければ元鞘に納め後職務怠慢?能力不足が認められてひと月前に解雇通告し補償金出して解雇しましょう♪ ユニオンはたしかに面倒w

0

「会社がやった事は高い違法性が疑われるから」とのことですが、本当に社労士がそんなことを言ったのですか? 働いた分の賃金を減給と称してカットした場合は労働基準法第24条にあたりますが、今後についてなら労働契約法の範疇であり、違法ではありません。配置転換もです。 社労士には、何の法律の何条に、どう違反しているのか、説明を求めるといいです。 また、「会社の就業規則には、配置転換時に、 賃金の見直しを申し入れする場合があるという記述を設けており」であれば、「就業規則を変更」したわけではないので、労働契約法第9条には該当しません。 なんだか、とても頼りない社労士に思えます。いっそクビして、もっと役に立つ社労士を雇うか、労働問題に詳しい弁護士を頼るのがいいと思います。 そもそも、労働審判なんて強制力がないですし、相手に和解するつもりがないのなら、民事裁判でもなんでも受けて立てばいいのではないでしょうか。仮に裁判に負けたとしても、配置転換と減給を取り消せばいいだけのことで、ダメージはありません。

> 配置転換にあたり、基本給約10パーセントの減給を申し伝えました。これが法律に抵触するとは知りませんでした。 制裁による減給ではないので、違法ではありません。(労働基準法第91条) これを違法というような社労士は存在しません。

0

法律を守れないんだったら、廃業すればいいだけの話。 交渉決裂して訴訟案件確実だろうから、敗訴したらお前の会社の信用はゼロになる。 そうなれば取引先に切られたり、融資引き上げで潰れることになる。