コーヒーの実は、果肉が甘くておいしい。我々が「コーヒー豆」と呼んでいるのは、「果肉を剥がしとった後に残る種子」。コーヒー豆を取り出すには、果実を乾燥させたり、水に浸けたりしてから機械的に果肉を剥がす。

その他の回答(2件)

0

こんにちは! コーヒーのみは、緑色から熟度によって、赤、紫に変化します。黄色もあります。 とても甘いです。ただ身は少なく、好みのかわを乾燥させた、カスカラ茶というのもあります。コーヒーはそのみの種です。 大体は、一粒に種が二粒です。 精製の段階で色々やすますが、高糖度のほうが風味のよいコーヒーができると言われています。

1

そうです。 甘酸っぱいらしいですが、人間が味わえるほど果肉がないので食用とされません。

1人がナイス!しています