教えてください。父親が再婚相手と上手くいっておらず、行政書士の先生に相談した所、これから先のことを考えて 私に財産を残したいと 土地の名義変更をしたいと言ってきました。

土地 | 法律相談129閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんの御回答、感謝しかありません。その後、名義変更の件は断りました。母が亡くなり寂しくて再婚したという父の弱さに情けなくなりました。「土地以外の財産の無い人」、私に財産を残そうと思ってるなら・・の点をずばり言ってくださったaisiaTKさんをベストアンサーとさせていただきます。他の皆様の回答も何度も読みました。ほぼ名義変更しない方が良いとの事でスッキリしました。本当にありがとうございました!

お礼日時:7/30 13:33

その他の回答(6件)

2

行政書士は法律、不動産に詳しくないので、弁護士、司法書士へ相談して下さい。

2人がナイス!しています

1

その行政書士なる者が言ってること解りません。 >私に土地を名義変更することによって それでアパートも借りれると言われました これは何の話なのでしょうか。アパートを借りられることと不動産の所有の話がどのように関係してるのか。生活保護の話とかでしょうか。 >このような状態で 土地の名義変更することにメリットはあるのでしょうか? メリットですか。その土地にどの程度の経済的価値があるか、そして、貴方の精神力。また、建物の構造や建築年、建物所有者の使用権限が何であるか、家族構成や年齢等も解りませんのでなんとも言えません。 場合によっては、貴方の名義にすることに意味がない訳では無いのですが、私が相談を受けたり担当した事件は、殆どの場合にメリットは無かったです。それよりも相続の時に面倒な話にならないように配慮するほうが優先のケースが多いかな。 本題についてそもそもの話をすれば、「財産を取られる」と言うことであれば、その不動産には経済的価値があると言う前提があるのですよね。ならば、現金化できるでしょうから、その現金を自分で持つなり貴方にあげるなりすれば良いだけとも言えるはずです。 行政書士は法的な素養が担保されているわけではありません。不動産実務や相続実務がおよそ約束された職業でもありません。 別の弁護士か司法書士に個別具体的な事情等を相談されたほうが良いかと思います。

1人がナイス!しています

1

その土地がどのくらいの価値があるか不明ですが、遺言しても妻への遺留分は確実に発生しますので、遺言書を以下の内容で作成することをお勧めします。 ①家の土地は、妻に相続させる。 ②①以外の全財産は質問者に相続させる。 これが一番もめごとが起きないと思いますよ。 妻の息子名義の建物がある土地なんてない方が良いと思います。

1人がナイス!しています

1

メリット、デメリットあるでしょうが、お父さんの気持ちだと思います。 全て他人に渡るよりも実の娘に、、、娘に、、、、わーっ 固定資産税はかかるでしょうが、賃料がもらえるようにしてはどうですか? 20年間占有されると、時効により取得されますよ。

1人がナイス!しています

3

その行政書士の言うことは正しい。 名義変更してあなたのものになれば、不動産仲介に 活用方法を相談して。 そういうケースは私含め、結構いるよ。

3人がナイス!しています