イエス・キリストは、愛に溢れた人だったんですか?

宗教53閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとう!

お礼日時:8/1 11:57

その他の回答(5件)

0

愛は愛でも自己愛に溢れたエゴイストです。 新約聖書のイエスの言葉を読む限り、自分を崇拝することを求め、それを拒むものに怒り、滅ぼすわけですから、自己愛に溢れた人であることは確かです。 マルコ福音書16/16 新共同訳 信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。 イエスは弟子たちの勧誘に耳を傾けない街は「ソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む」と恫喝して凄んでいます。 ●マタイ10:14あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。 15はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。」 ーー ●ヨハネの福音書3:36.御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。』 ●異教徒は人間ではない●●● 私は、太陽の中にひとりの御使いが立っているのを見た。彼は大声で叫び、中天を飛ぶすべての鳥に言った。「さあ、神の大宴会に集まり、王の肉、千人隊長の肉、勇者の肉、馬とそれに乗る者の肉、すべての自由人と奴隷、小さい者と大きい者の肉を食べよ。」・・・獣と偽預言者]は、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。残りの者たちも、馬に乗った方[キリスト]の口から出る剣によって殺され、すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。 (「ヨハネの黙示録」6章9〜19章21節、新改訳

0

その通りです。愛に動かされて自分の命を贖いの犠牲として捧げ、人類が罪と死から救われることを可能にしました。

1

聖書の中のイエスは 二枚舌の詐欺師・誇大妄想症です。 ――――――――――――――― 「汝の隣人を愛せよ」(マタイ 22:39) 「汝の敵を愛せよ」(マタイ 5:44、ルカ 6ː27) 「左の頬を打たれたら右の頬を差し出しなさい」(マタイ5:39) イエスは隣人愛を説いているわけですが、 当人はそれを実行できませんでした。 4つの福音書 マルコ11:15~19 マタイ21:12-17 ルカ 19:45-48 ヨハネ2:13-22 で -イエスはエルサレムの神殿に行ったところ、 -神殿の許可を取って、境内で品物を並べて -商売をしている人たちがいました。それを見たイエスは、 -「神の家で商売をするとは何事か!」と怒り、縄で鞭を作り、 -羊や牛を全て境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、 -その台を倒し、境内を通って物を運ぶことすら許しませんでした。 とあります。 他人には「愛しなさい」「赦しなさい」と教えているのに 自分では全く出来なかったのです。 商人たちは神殿から許可を得て販売しているのです。 一方、ルカ19:1-10には、 法外に税金を取り立てていた徴税人ザアカイに、 イエスが愛のある対応をした話が記されています。 それはザアカイがイエスに服従したからです。 ーーー 右の頬を打たれたら左の頬も出せ、と言いながら イザ自分が殴られたら「なぜ私を打つのか」ヨハネ18:23 とキレてます。 自分を受け入れない人達のことを、蛇マムシ悪魔地獄行き、 マタイ. 23:17, ルカ 11:40, 24:25, マタイ. 3:7, 12:34, 23:33. と言ってます。 「罪を犯す者には忠告しなさい」 「聞き入れなければもっと人を連れてきなさい」 「それでも聞き入れなけでば教会に忠告しなさい」 「教会の言うことも聞かないなら異邦人や取税人と同様に扱いなさい」 マタイ18:15-17 と言ってるのに、直後に 「兄弟が罪を犯した時は7の70倍まで赦す」 マタイ18:22 という無限の愛を唱えてます。 ーーーー [マルコ10:29~30] わたしの為また福音のために、 家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑を捨てた者は 誰でも、今この世で、迫害も受けるが、 家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け、 後の世では永遠の命を受ける。」 [マルコ16:16] 信じて洗礼を受ける者は救われるが、 信じない者は滅びの宣告を受ける。 [マタイ10:14] あなた方を迎え入れもせず、 あなた方の言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、 その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。 はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりも ソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。 [マタイ10:34] 「わたしが来たのは 地上に平和をもたらすためだと思ってはならない。 平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。」 [マタイ10:37] 「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。 わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。」 [マタイ19:29] 「わたしの名の為に、家、兄弟、姉妹、父、母、子供、畑を捨てた者は 皆、その百倍もの報いを受け、永遠の命を受け継ぐ。」 [マタイ 24:9] 「その時、あなた方は苦しみを受け、殺される。 また、わたしの名のために、 あなた方はあらゆる民に憎まれる。」 [ルカ12:49〜51~53] 「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。 その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。」 「あなた方は、私が地上に平和をもたらすために来たと思うのか。 そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。 今から後、一家五人は、 三人が二人と、二人が三人と、対立して分かれることになる。 父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、 嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。」 [ルカ 14: 33] 「自分の財産をことごとく捨て去る者でなければ、 あなた達のうち誰一人として私の弟子ではありえない。」 [ヨハネ8:24] だから、あなた達は自分の罪のうちに死ぬことになる と、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを 信じないならば、 あなた達は自分の罪のうちに死ぬことになる。 [ヨハネ 15:6] 私につながっていない人がいれば、枝のように投げ捨てられて枯れる。 そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。

1人がナイス!しています