音楽業界への転職について 自分は29歳の銀行員で融資の仕事をしています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(13件)

0

絶対音感は売れるのに何の役にも立ちませんから、あなたの音楽の能力はゆっくり眠らせておいてあげましょう。

1

よくわからんけど、言っている内容がしょーもなすぎる。 自分の音楽能力の高さを音楽理論を極めた程度の人と比べている時点でセンスのかけらもありません。最高レベルの曲を作れる人は、すでに音楽に関して孤高の景色が見えていると思います。一流のエンターテイナーも同様でしょう。 このレベルの人でも1%も成功できないのが音楽業界です。自分の現況が不満で音楽に逃げようとしている人がどうにかなる世界ではありません。百万曲以上は聴いているであろう私でもそんな経歴の人の曲は聞いたことはないですし、聴きたいともおもいません。 音楽はエンターテイメントです。この質問内容の時点でエンターテイナーとして失格だということをまず自覚してください。

1人がナイス!しています

3

質問者さんのリンク先の動画が見れません 粗品 絶対音感 https://www.youtube.com/watch?v=vpLljyQ-1LM 絶対音感を持った上で、音楽業界と無関係な仕事についている人を 何人か知っているので思うのですが クラシック奏者に成る、音楽大学を受けるとかでない限り ポップスをやる上では絶対音感がプラスになるとは限らず むしろマイナスに作用することも多々あります。 絶対音感を持った人達にインタビューした書籍 絶対音感 https://www.amazon.co.jp/dp/4101482233 を読むと、その辺りの感じは分かると思います。 ポップスで絶対音感がマイナスになる例として 絶対音感を持っている人が好む音と 持ってない人が好む音が違っていて 大量に売れなければいけないポップスの場合 絶対音感が無い人向けに曲を作れなければ 仕事に成らないのです。 絶対音感を持つ人が音痴に感じるのに 持たない人たちによって大ヒットした曲として 宇多田ヒカルのオートマチックがあります。 6分の1音、音程が高く、それが高揚感につながるのですが 絶対音感があると、それが音痴に感じるようです。 あと、今の時代、絶対音感は チューナーやアプリで代用できるので あまり役に立ちません ピアニスターHIROSHIさんのように ポップス業界だと絶対音感を捨てる練習を している人もいます

3人がナイス!しています

0

出来る人や世に出る人って、そんな事を人に聞かなくても行動出来る人です。 悪く言えば突っ走れる人だから「自分が安定していないと賄えない」って若い頃から安パイ掴もうとする人だと、音楽業界では厳しいだろうね。 そこまで上手いって言うなら、趣味で YouTube 始めて話題になる所からスタートしたら良いのでは? 上手いのとセンスあるのは、また違うから。 上手いだけの人って、世の中にはゴロゴロいるからね。

0

ブラックじゃない同じ業種の会社に転職することをおすすめします。