自分自身を見切れるのも才能なのですか? この道では自分は大成できないと。 .

画像

将来の夢 | 転職42閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり真実ではあるのですね。 見切るのは困難なようです、特に自分自身では。  客観的判断が出来ているということですものね、才能であるようです。 逃避で判断してはいけないようです、納得です。 BAに選ばせていただきますね。

お礼日時:7/31 18:36

その他の回答(4件)

0

なぜ自分で見切る必要があるのか、全然わかりません。 才能はあくまでも他人が評価するものです。 自分ではわかりません。 才能があれば、周りからその才能を望まれてその道の仕事が出来るわけですよね。 才能が無ければ、誰からも望まれないので単純にその仕事を続ける事が出来ません。 それだけの事です。 こういう事を自分で決められると思っているひとは、才能が必要とされる仕事に実際に就いたことがないからでは? この質問は完全に机上の空論です。

0

今からイチローを超えます。 できますか? そのような話です。 才能ではないです。そこ皆判断してます。 いいのですよ。やりたきゃやれば。 ただ、それを達せますか?です。

0

その「向き不向きを見抜く」というのも一種の才能ですね。 芸能関係のプロデューサーとか、スポーツの監督や指導者なんかは、その才能がありますね。 自分を見切れる人は、たぶん、そういう才能ある指導者に、君は向いていないよって、言ってもらったんだろうと思います。 なかなか自分で自分のことがわかる人は少ないでしょうね。

なるほど、向き不向きを見抜けるのは、芸能プロデューサーやスポーツ監督や指導者向けの才能なのですね。 ただ、自分で自分はわかりにくいようです、回答ありがとうございます。

0

身体能力的(スポーツ能力)な才能は成績の良い人との比較でわかると思いますので、諦める決断をし易いと思いますが、頭脳的なモノであれば信念や資金的な事、コネなど条件があれば、構築すれば大成出来る可能性はありますので、簡単に単純に諦めなくても良いのではないかとは思います。。