回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/28 10:54

66回答

家計の相談です。 現在 46歳 会社員 妻専業主婦 住居は都市圏。 子供3人(中学生、小学生、小学生) 収入 手取り55万円 (会社積み立て・持ち株 7万円控除及び税金引いた額)

家計、節約 | 学資保険515閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

回答(6件)

2

結論から言えば、早期に夫婦共働きに移行すること、加えて65才か70才迄、出来るだけ長く夫婦共に働き続けること、をお勧めします。3人の学費と2人の老後資金の合計から逆算すれば、完全に資金不足となる可能性が濃厚です。今迄のままだと、ギリギリ子供を大学に行かせる事が出来たとしても、平均余命90才までの老後の生活は余裕無く大変厳しいか、最悪の場合、老後破綻が待ち受けています。参考までに、国立大学の入学費と4年間の学費、施設費、教材、パソコン、通信費だけで子供一人300万円は必要です。私立大ならば、文系450万円、理系550万円、医系最低3,000万円からとなります。これには食費や衣料費や交通費や交際費や部活費やアパート代は一切入っていません。更に、高校と大学受験の為の塾通い、受験費用が中学と高校で一人約400万円程度必要です。中学受験をさせるなら小学生の塾代も加算する必要があります。上述が、其々に3人分必要となります。更に2人の老後資金は、生活費だけでも最低、年間360万円×30年間=10,800万円が必要です。公的年金240万円を差し引いても、総計3,600万円が不足する事になります。尚、これらには、住宅の補修費、車の買換え費用、旅行費用、介護費用、入院費用、結婚式支援金、孫への小遣い、葬儀費用、墓代、等は一切含まれていません。以上の教育費と老後資金の総計から、公的年金と企業の退職年金、及び個人の預貯金と個人年金を控除した分が、生涯の資金不足分の合計となります。どうでしょう、プラスとなりましたか?もしも、マイナスとなり老後資金が不足した場合の要因として考えられる事は、子供が巣立つ60才直前まで多額の教育費が掛かる為、老後資金を準備する期間が十分に無いからです。いちど、夫婦でライフプラン表を作成し、生涯収支をシュミレーションして見える化してみてください。各支出の平均額は、政府や日銀の統計データーをご参照ください。そして、対策は、冒頭の結論の通りです。 尚、多額の遺産相続を受ける予定がある場合、既に多額の資産を保有している場合、又は不労所得等の副収入がある場合、及び多額の宝くじの当選が期待出来る場合は、既述の想定内容からは大きく乖離しますので、その場合は、何卒ご容赦ご海容ください。以上、ご参考まで。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 7:41

有難うございます。 ご指摘通り将来の教育費、老後資金を懸念しており、このままではいけないと認識している次第です。 退職金や現状の積立がそのまま貯まり続けば老後は問題ないと想像するも、教育費のショートは明らかで対策は必須と理解します。 子供の塾代は年々上がっている印象はあり、私の時代とは全くちがうのが誤算でした。 収入を増やすか、支出を減らすか、両方実施するか、改めてシビアにライフプランの見直しをさせて頂きます。

2

こんなデータがあります。 総務省が、今年2月に発表した「家計調査(家計収支編2020平均」によると5人家族の1か月の生活費約30万円(家賃を除く)でした。 https://www.stat.go.jp/data/kakei/2.html 住居代がかかりますので、毎月最低でも40~45万円ほど必要になります。 (内訳) 食費・・・・・・約95,000円 光熱費・・・・・約25,000円 日用消耗品・・・約15,000円 衣類費・・・・・約13,000円 交通費通信費・・約20,000円 自動車維持費・・約18,000円 教育費・・・・・約30,000円 娯楽交際費・・・約40,000円 医療保険代・・・約13,000円 雑費・・・・・・約24,000円 5人家族の住宅代は、世帯手取りの約30%と言われていますので、その枠内に収まっていますが、マンションですか、それとも一戸建て? 一戸建てなら、修繕費用の確保が必要となるね。 これから必要となる教育費ですが、子1人240万円準備されているのは助かりますが、自宅から通い、私立理系、大学院進学(修士課程)となると最低1000万円は必要で、医学部進学となると更に教育費が掛かります。 家計の足しとして、賞与時、毎回100万円を渡してあるようですが、それは全て使い、預金とかされてないのでしょうか。 「お金の使い方が・・・無駄遣いや趣味があるといったことはない」との事ですが、妻は「給料=今月使えるお金と捉えている」「貯金が無くてもなんとかなる」「なんでも高級志向」などと考えてありませんか。 抑々「残りを貯金する」と考えたら、全く貯金は出来ません。何時まで経っても貯まりません。殆どの人がそのように考えます。 例えば、 先に生活費の2割を(半ば強制的に)銀行などの積立定期等を利用して、貯金に回し、8割で生活する」とか案はどうですか。 あなたがこれからどんなに収入を殖やしても、考え方を変えないと貯金は出来ないと思います。 総務省統計局が発表しているデータを参考にされると良いと思いますし、ライフスタイルにより考え方は様々ですが、 一応の目安として、手取額の 食費20%、光熱費7%、衣類5%、車維持費3%、通信費5%、 教育費10%、交際費5%、医療保険代3%、雑費2%、貯金10%です。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 7:46

有難うございます。 住居は戸建てです。10年に一回は大きな修繕費を考慮する必要がご指摘通りあります。 ライフプランを見直します。

0

同じような家族5人で経費ですが、やっぱり使い切ってしまいますね。 車や、スマホなどの費用がそこに含まれているなら結構カツカツだと思います。 食費10万(外食費込) 光熱費3万(月平均) 通信費3万(スマホ複数台・光) 日用品2万(洗剤やら消耗品) 衣料1万(月平均) 交友2万(子のお小遣い・イベント・冠婚葬祭系) ここまでで21万です。我が家はそこに車や家の修繕費積立が入るのでゼロです。 削るとしたら 食費・・・質より量にシフト、まとめ買いである程度の献立を決めて回す 通信費・・・格安スマホなどに変える で2万円貯めれたら万々歳かなって感じです。 老後に関してですが、その頃には住宅ローンも返済を終えているでしょうし、退職金や年金で賄えるのでは?と思います。(うちは田舎なので・・・首都圏でしたら固定資産税が気になるところではありますが)

ID非公開

質問者2021/7/31 7:53

有難うございます。 我が家の生活レベルが高いとは全く思えていない中、有難うございました。参考になりました。 5人家族ですと賃貸にしてもそれなりの広さが必要で家賃もそれなりに上がり、住宅購入の頭金と老後の賃貸費用合計を考えて購入しました。誤算は教育費で、年々高くなっているのに頭抱えています。 頑張って収入増やします。

1

よく考えてみなよ 支出なんてのは、収入に応じたものだ さらにその支出は 固定費、それに近いもの 固定されていないもの に分けられる 全く制限がない状況で あるだけ使う、となるのは不思議ではない 質問者の家計の相談とあるが 本題は「貯蓄に回して欲しい」ということ? それを本気で考えるなら 平均や理想を聞いても改善されない やることは ①目標を共有する ②予算化する だよ 夫が貯蓄を望んでも、 妻が望まない、関心がないなら難しい 子供の〇〇のために、 何年後にいくら必要 だから毎月1万貯金する など目標を共有すること さらに 現時点ではカネのタレ流し 財形、持ち株で天引きされた中でできる ということは そこから銀行の定額積み立てで 毎月1万を強制的に口座から引いても 残された額で生活できる可能性もある これまでの費用が管理できていないのが問題 貯蓄する額を引いたなかで 予算化して 毎月なり年間の予算との差を確認 予算オーバーしてる項目があれば それを予算内にできるか できないなら他の予算を削るか などやる 会社では普通だと思うけど? なんで家庭ではやらないの? 家庭を会社に例えたら経営者不在なんじゃない?

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/30 7:39

有難うございます。 家庭を会社に例える必要があるかわかりませんが、目標をベースにした予算設定が、私には中々難しいと理解しています。 他の方の実績を見ながら設定出来たらと思っています。

2

教育費のかかる子3にんいます。 光熱費2.5万 食費10万 食費予備2万 日用品1万 通信費2万 小遣い等2万(ご主人省く) 衣類3万 これだけで21万 交通費やなんじゃとぎりぎりかなと。 収入を知っていたら難しいと思います。 習い事の送迎や頑張ったねってちょっと スイーツ買ったり、よいお惣菜を 買ったり、習い事の前にお腹すくねって お金がかかったり・・・・ 月13万も貯金してたら パパに任せたらいいや~ってなりますね

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/28 23:06

ありがとうございます。 光熱費2.5万 ==> 確かにそれぐらいだと思います。 食費10万 ==> 全く分かりません。 食費予備2万 ==> 外食でそれぐらいかかっていると思います。 日用品1万 ==> それぐらいかもしれません。 通信費2万 ==> 私・妻・子供代で1万円ぐらいのはず 小遣い等2万(ご主人省く)==> それぐらいかもしれません。 衣類3万 ==> 子供たちの分含めてそれぐらいかかる月もあるかと思います。 お茶飲んだり、ランチもママ友とも行っているので、お金確かに残らないですね。 収入増やすしかないですね。