民事や刑事で弁護士をつけて争う場合に、 必ずどちらかが嘘をついてるとき、 加えて弁護士も嘘をついているか、依頼人に騙されている可能性がありますよね。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:7/29 15:46

その他の回答(1件)

1

冤罪でも自白することが罪にならないように、自分が罪を逃れる為に嘘をつくことも罪とされていない。 だからこそ、最初は検察と弁護士の争いになる。嘘だという証明ができるか、弁護士は嘘だと知っていても、それを盾に守るものだ。そういうのは詐欺とされていない。誰でも、自分の不都合なことは言わない、隠したい、別の何かにすり替えたい、そう思うのは自然だ。但し、それらの嘘が嘘だと明らかになった時、悪質性は高い、反省の色も見られないとして、通常の刑罰より重くなる。

1人がナイス!しています