回答受付が終了しました

月次支援金を6月の17日頃にサポートセンターで簡単申請を済ませ、申請ステータスが変わるのを待っていますと、一月後に、2020年度の確定申告書と事業概要書の裏表が必要であるとのステータスが出ました。

役所、手続き3,010閲覧

回答(2件)

1

サポートセンターのミスでもありますが、正直、自己責任ではないでしょうか。 ホームページにも記載はありますが、サポートセンターはあくまでも入力代行機関なので3月決算であることを伝え確定申告書等を添付して欲しい旨を伝えていなかったのであればご自身の責任でもあるかと。 伝えたのにも関わらずやらなかったのであればサポートセンターの不手際ですが。 正直、質問者様と同様の不備はごまんとあると思います。

1人がナイス!しています

0

その辺の不備、大いにあると思います。 決算月の翌月分の申請から、一時支援金の時の確定申告書では足りなくなる、ということですよね。 そもそも簡単申請だと添付された確定申告書がいじれないので、基本申請を選ぶところでした。ただ支援金のホームページでも、「一時金もらってればカンタンです」的に書いてあり、決算月によってはすぐさま新しい確定申告書が必要だということはあんまり強調して書いてない印象です。 残念ではありますが、当時月次始まったばかりでサポートセンターのスタッフさんが慣れていなかったのでしょう。申請、してしまっては、不備報告が来るまでいじれませんから、後で気づいて「あちゃー!」となったかもしれませんね。