重巡摩耶のプラモデルを作るんですが軍艦色は舞鶴のが良いでしょうか

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

少なくとも「舞鶴」は無いと思いますよ? いわゆる「軍艦色の違い」は、元の規則が「白3,黒1」の混色という程度にしか決まっていなく、各鎮守府で入手しやすい塗料を用いただけで、意図がある訳ではないとされています。 しかもその色は、「日本の写真」が周囲が明るいせいか「軍艦色が濃く見える」傾向があったようで、最も暗い「佐世保カラー」でも「海外艦とそう変わらない」という証言もあります(”濃い”と言う意見もあり、「色味の記憶」は難しいとも言われます)。 また、実際の運用では、戦域を管理する司令長官には「塗装変更」の権限を有したし、さらには艦長による権限も存在しました。 さらに「第二次大戦」に入ると、「黒塗料の欠乏」から、これを「茶、青」で補ったことによる「シルバーグレー」化もあり、ますます複雑化します。 こういう事情の中で、「摩耶」は建造は「神戸川崎」ですが、所属は「横須賀」なので、「就役時」から「横須賀カラー」の可能性が高いのではないでしょうか? ちなみに、「撃沈による除籍」時の記録でも「横須賀所属」のままで、細かく調べていないですが、ずっと横須賀だと思います。 ちなみに、昭和19年の「大改修」も「横須賀工廠」で受けています。 また、「摩耶」は、改修前の昭和18年に、「第5艦隊(北方部隊)」に所属しアッツ島沖海戦」にも出ています。 この戦域は、視界良好な太平洋では少ない濃霧海域なんで、多くの艦が「特別な塗装」をしたので有名で、「摩耶」も第2煙突を白く塗ったそうです。 そういえば「遣支艦隊」にも出ていますよね、ここも「特別塗装」が良くある艦隊です。 要するに「塗装」は調べるとかなり難しい、解釈でもめることもありますから、マジで取り組むと結構厄介なんですが、逆に言えば「決め手」も少ない訳で、それなりに理屈が通れば何でもありみたいなところもあります。

0

建造所は神戸川崎造船所なんで、舞鶴が近いからそれでも良いけど、作りたいキット又は再現したい時代が何時かが問題。 艦船は様々な所に入渠したりするから、直前に入渠していた工廠を調べて、塗装するのが良い。 それを調べるのも艦船模型の醍醐味の一つだと思う(摩耶は1944年頃に横須賀に入渠してたんじゃ無かったかな)。 面倒臭かったら、キットの塗装指示に従うのが吉。