複数車線の道路で一番内側の追い越し車線をずっと走るのは違反になりますか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

1

はい。一般道でも2車線以上の場合、 車両は原則左車線通行で、 右側車線は追い越し車線となります。 追い越し車線は、 ・追い越し時のみ走行可 ・後続車がちかづいたら進路を譲る義務あり (たとえ相手が速度超過でも) というルールがありますので、 特段の規制や指定や右側車線走行が認められる状況 でもない限り、追い越し行為をともなわずに 右車線をずっと走り続ける行為は 車両通行帯違反となります。 でもまぁ正直いって、一般道でこの違反で 検挙されている現場はみたことないです。 高速道路でもあまり見たことないくらいなので。 また特に都市圏では左車線は停車・駐車車両で 実質つぶされている状況が大半なので、 2車線道路の場合は実質追い越し車線が走行車線ですからね。 でも空いている場合は、このルールを意識されて 運転されることをおすすめします。 煽り運転が問題視されていますが、 その原因の多くが、 ・追い越し車線をずっと走行し、 後続車に進路をゆずらない「追い越し車線通せんぼ走行」 なので。 煽り運転は論外ですが、 追い越し車線通せんぼ走行も違反なので、 意識してはしられることをお勧めします。 煽られるリスクは減らした方が良いですしね。 昔は、特に高速道路では追い越し車線は普通に 進路を譲ってくれる人が大半でした。 ですが、 今はAT限定免許制度ができて 周囲を注意せず漫然と運転をする人が増えたり、 法規やマナーが初心者に伝わることがすくなくなったり、 1BOXでの多人数乗車など後方確認がしにくい車両が 増えたりといったことが理由で、 「追い越し車線通せんぼ走行」が横行しています。

1人がナイス!しています

3

ID非公開

2021/7/30 9:35

状況によっては違反になります。 一番右の車両通行帯を通行してよい条件は, ・追越しをするとき ・右折準備や右折横断の準備のため ・そこを走るよう特に指定されているとき ・既に右車線にいる状態で進路変更禁止区間に入ったとき ・一方通行の道路で,緊急自動車に進路を譲るとき ・道路の状況その他の事情によりやむを得ないとき とされています(法第20条第4項)。 上記のいずれにも該当せず,不必要に一番右の車両通行帯を走り続けると全て違反。 逆に,上記の何れかに該当すれば,該当しているあいだじゅうはずっと,一番右の車両通行帯を通行して構いません。 なお,一見すると車両通行帯のある道路に見えて実は車両通行帯がない道路もあったりしますが,その場合,法第18条との兼ね合いが出て来るので,やはり理由がない限り「右車線」を通行すべきでありません。 ※一般道はどこを走ってもいいとか書いてる病人は相手にしなくてよろしい。そのうち「追い越し車線の指定がなければ」とか「一般道には車両通行帯が」とか妄想が始まります。

3人がナイス!しています

0

高速道路は走行車線を走行します。 追い越し車線を走り続けると違反になります。 一般道には追越車線の概念はありませんが、第一車線を走行するのが原則です。 第二車線や第三車線など一番右の車線を走行し続けると、法的には違反になる場合もあります。

0

高速道路では、追い越し車線の走り続けが違反です 一般道は、そもそも追い越し車線がありませんので違反でありません 一般道で大型トラックは標識により右車線がありますし死角が大きいので、安全のため右車線を走ります