古典で、「さるべきにやありけむ 」 という言葉があると思いますが、これはどんな文章に使われていても絶対に 「そうなるはずの前世からの因縁であったのだろうか」という訳になりますか?

文学、古典35閲覧