ID非公開

2021/7/31 19:31

33回答

つい先日、攻殻機動隊のGhost in the shellを観ました。実写ではなくアニメ映画のやつです。 そこでわからない点があったで質問させてください。

アニメ | 日本映画75閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、細かく回答してくれてありがとうございます!納得できました!

お礼日時:8/2 2:24

その他の回答(2件)

0

人形使いが定義する「生命」が、必ずしも「生殖」を伴う物じゃ無いんじゃないですか。 子孫を残すというか、世代を経て「進化」するって事じゃないですかね。 生命の根源は突き詰めていけば「DNA」です。DNAの情報こそが生命の根源だと言えます。 人形使いは「情報」という視点で生命についての考え方を持っていたもよう。 生き物はDNAの情報を変化させていきます。時には他者とDNAを融合させ、時に情報を広げるためには旧個体を自発的に死なせたりもします。 でも、そうやって生命としての情報を拡散・バージョンアップさせていきます。 人形使いの正体は電脳世界で活動するAIです。 そして、素子の人格も、もはや義体の中ではAI化していると言えます。 AIでも、自我を持ったらそのAI情報が「生命」であるというのが人形使いの主張ではないかと。 そのAI生命は他のAIと融合したり分裂したりして、現実世界の生命のようにだんだん進化していくという事ではないかと。

0

この作品のテーマはは、非常に仏教的で 「魂というものが肉体という器に入っている」という 考え方をすると理解が早いと思います。 人形遣いにとって「身体」は容器でしかなく、 彼の言う「子孫」とは、変化、多様性のあるクローンではない 自分の個性を継承した魂を持っている「子孫」です。