土用丑の日に鰻を食べるようになったのは、平賀源内が暑い夏の日に鰻が売れない鰻屋にアドバイスをしたからっていうのは有名な話ですが、なぜ「本日、土用丑の日」って看板を掲げさせたら鰻が売れたんですか?

料理、食材 | 日本史83閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:10/16 16:04

その他の回答(4件)

0

元々、夏の土用の丑の日には「う」のつくものを食べると夏バテしないと言う風習が有ったとされてるが。 それより古い風習で大黒天の縁日(毎月1日とも)に「う」の付く食べ物を食べると「運」が付くって風習が有る地域が有りそれが伝聞する中で変化したのではないかと。

3

土用には土を動かしてはならないとされるので土木や建築関係の職人は休みが多くなる。 但し、土用の間日には反動で必ず仕事が入る。 土用は夏のくそ暑い期間なので、間日の仕事が迫ってくると気が重くなってしまう。要するに夏休みの終わりの頃の小学生と同じだ。 なので何か精の付くものを食べておこう、鰻が良い!! と考えても、そう不思議ではないと自分は思う。

3人がナイス!しています