森博嗣の封印再度の冒頭の「木でできた鍵が入っている瓶」について。

小説 | 本、雑誌73閲覧

ベストアンサー

0

あ、すみません。もしかしたら瓶の形のイメージが人によって違うのかも? わたしはワインの瓶のような……口だけ細くて、底のほうは広がっているものを想像していました。