キャブレターにはレース用のFCRやTMRが有りますが、インジェクションにも、レース用ってあるんですか?。

補足

バイクレースで、市販車ベースのカテゴリーはいくつかあるかと思いますが、レギュレーションでそのレース用のインジェクションに交換が認められているのは何になりますか?。 又そんな事をするチームはいないかと思いますが、インジェクションからキャブレターにしている、チームってありますか?。

ベストアンサー

0

現行車で行われているレースはスロットルの変更は不可です。 つまりキャブ⇔インジェクションの変更は不可ということになります。 インジェクターやレギュレーターの変更も認められていません。 ECUは変更不可か、その車種用に公認されたものがほとんどです。 JSB1000とST1000とJP250はアフターマーケットの汎用ECUへの変更が認められています。 ただしST1000は30万円以内、JP250は10万円以内と価格の制限があり、高機能モデルの事実上の規制を行っています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。

お礼日時:9/13 21:06

その他の回答(3件)

0

確かスロットルバルブをFCR化したレーシングFIをケーヒンさん出してなかったっけ?

確か加賀山さんがテイストオブ筑波に出るのに最新GSXRのエンジンをワンオフのフレームに積んだカタナを作って、せっかくカタナなんだからとわざわざキャブ仕様にしてたよ。

0

そううですねえ、ソフト面では純競技車用FIシステムの制御面ではO²センサーを装着しないのでフィードバックプログラムが無い、アイドリング制御を組み込んでいない、暖機用プログラムを組み込んでいない、パワーやレスポンスを重視した噴射/点火時期制御プラグラム、などの違いが有ります。ちなみに最近は純競技車でもO²センサーを装着しフィードバックは行うようです。 ハード面では大容量インジェクタ、スロットルボディの高精度化や大径化、市販車では殆ど採用しないシーケンシャルタイプツインインジェクタ、それらを安定して制御する為に各種センサーの強化、ドライバの強化、点火時期制御範囲拡大やイグニッションドライバの大容量化、ECU筐体の耐震動性,防塵性強化などが挙げられます。あと外部からマップ切替/書き換えが出来る物が殆どです。