ID非公開

2021/9/10 1:55

22回答

綾辻行人先生の十角館の殺人の様な、登場人物が一人一人殺されて減っていき、最後は殺人鬼と対峙する小説はありますか?

小説 | 本、雑誌61閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

早坂吝の、「殺人犯対殺人鬼」が似てるかもしれません。テンポが良くて意外なラストという意味でも。

1人がナイス!しています