トランジスタラジオと聞いたら何色を連想されますか?

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

8石ラジオキット組み立てて、よく父親が田んぼに持って行って、野球を聞いていました。 その時のラジオは、裏が黒。表がシルバー色でしたね。 良い物が出来たので、愛用してくれたようです。

0

RC SUCCESSION 「トランジスタ・ラジオ」のシングル盤のジャケットを思い浮かべるので、白地にアクセントになっていた黄色です。 ラジオ本体で思い浮かべるのは外観よりも内部基板なので茶色です。ポケットラジオの裏ブタを開けて中のトランジスタを数えたりするのが好きでした。 外観で思いうかべるのはやはりポケットラジオのスピーカー部分を覆うパンチングメタルの銀色です。 イヤホンでしか聞けない簡単な回路仕様の電子工作用ラジオキットでも小さなケースにパンチングメタルが使われてたりして(いまでいうところのフェイク)、トランジスタラジオの象徴になっていた銀色でした。

0

スカイセンサー、クーガー、プロシード、トライXなどのラジオや スタジオ、ジルパップ、マック、ディスコ、アクタスなどの ラジカセを今でも使っています。 据え置き型が多いせいか、夜の室内でも光が反射しにくい 黒もしくはグレーが大部分を占めています。

0

黒色のイメージになることが、多いほうです。 昭和の頃に、親が使ってた、ソニーのトランジスタラジオは、 (昭和30年代から40年代にかけて。まだ ICは無い頃) 外側を、黒い革の、別売りカバーしてたのが多かったから、 黒いラジオに見えたわけです。 (内側は、スピーカー部分が、穴あきの銀色パンチングメタルや、 プラスチック部分は、灰色などだった記憶ですが) 昭和の中学生以上だと、中学から英語の勉強で、 ラジカセを買ってもらえる人は多かったかもしれません。 ソニー や 各社のラジカセ等の、筐体(裏ぶたとか) の、 プラスチック部分は、黒色が主流でした。 ボタン類の付近は、メタリックの銀色が目立つのが昭和デザイン。 (1970~80年代あたり) 短波ラジオ(BCLラジオ) の流行と、ラジカセ流行は同時期ですが。 ソニー の スカイセンサー や、各社の BCLラジオ機種も、 プラスチック部分などは、黒や濃いグレー系とか、 ボタン類が、銀色の金属が目立つわけです。 昭和のうちは、別売りの、革やプラスチックの、 「キャリングケース」(外側をおおう、保護の服みたいに) があって、ここが、黒が主流だったんです。 本体ハンドルで持ち歩く以外に、 肩かけして、ショルダーベルトも買えたりだけど、 (上の、キャリングケースに付属の、肩ベルトだったり) 黒色のベルトが主です。 同じ頃までに、自分でバイトしたり、お年玉などで、 小型のトランジスタラジオ (ポケットサイズ) を買う時も ありますが、黒色の筐体が多かったほうの時代です。 1970年代のうちは、IC化はすすんでないので、 トランジスタ回路で、回路基板は大きいほうだし、 シンセサイザーチューニングもまだ無いから、 (電子チューニングや、デジタルチューニングは、後の時代) アナログダイヤルを回す、ラジオの時代です。 BCL機だと、大きい丸い、精密ダイヤルを付けて、 「直読ダイヤル」が流行でした。 (業務用や、アマチュア無線機は、そういう直読ダイヤル式) (昭和末期は、表示部だけ周波数カウンターでデジタル化や、 平成時代になれば、全部デジタルになっていく) 1979年(昭和54年) に、ウォークマン登場するまでは、 やや大きい、ラジカセ等が主流の時代ですから、 黒とシルバーが主で、がっしりしたAV機器だったわけです。 1980年代になると、小型オーディオ機器が増えてきて、 ラジカセ等も、ステレオでも小さくできていたり、 本体の色の種類が、増えていきました。 回路の IC化で、小さくなったわけですね。 磁石材料の技術も進んで、ウォークマン等に使う、 モーターの小型化もできたし、 ヘッドホンも、軽くて小さい、オシャレな、 オープンエアタイプの、イヤホンに近いサイズに変わります。 (1970年代までは、大型のモニターヘッドホン型が主流) (日本経済が強くなり、円高が進んで、石油プラスチック等も、 安くなっていったから、色の種類も増やせるし) 平成時代も終わった今は、平成30年間の後半には、 ラジオの種類も減ってしまいましたが、 (国産BCLラジオは、ソニーでも消滅状態) 今でも、色の種類が少ない、ホームラジオサイズ等は、 黒色の筐体だったりですね。 (今の部屋で 100V電源で、黒いラジオを使ってます) (昭和の頃は、木の、茶色の筐体も多く「茶モノ」家電とも言った) (テレビなどの大型家電は、昭和なら、木の筐体だったし) アナログテレビ時代の最後は、黒い、プラスチックの大型筐体に、 ブラウン管などが多かったかも。 ( 茶モノ というより、黒モノ 家電みたいな感じかも ) 今の、液晶テレビその他の、平面テレビでも、 黒い筐体は、多いほうですね。