回答受付が終了しました

paypayは、手数料タダと言うのが売りでしたが、カネもらいまっせ。となったらどうなるのですか。

1人が共感しています

回答(5件)

0

クレカの取り扱い手数料3.24パーセントペイペイは1.94パーセントですから やめたらクレカをもってくるから損する1.3パーセント つまりやめません

0

この辺、勘違いしている人がいますが、ただだったわけではありません。 本来は有料のところを加盟店開拓を目的に手数料無料のキャンペーンを 行っていただけです。 一応、期間限定なことは明言していたものの、サービス開始時から 行っていたこと、手数料の金額を設定していなかったこと、 明確な期限を設けずにキャンペーンが数年に及んだことで勘違いが 広がったといえます。 また、このキャンペーンの対象はユーザースキャン方式のみで ストアスキャン方式はすでに決済手数料がかかっています。 予想よりも圧倒的に安い決済手数料なので思ったよりは継続する 加盟店は多いのではないかと思います。 加盟店契約を終了する店は客の需要がない、集客効果が見込めない、 原価を割って苦しいなどの店が多くなると思われます。 PayPay の決済手数料で苦しくなるような自転車操業の店は前提として 早急に経営改善をしないとどちらにしても長く続かないような気もします。 あとは、客に決済手数料を請求する店が出てくる可能性があります。

わりとキリギリスさんの神奈川ローカルドラッグストアって クリエイト SD のことでしょうか。 決済に関しては元々は独自路線傾向でクレカと一部の FeliCa 決済は利用できたものの、コード決済は対応せず、 独自電子マネーのおさいふ Hippo なるものを開発したりして いましたが、今年あたりから PayPay に、数か月前から ほかの複数のコード決済にも対応し始めていますね。 クリエイトはストアスキャン方式なのでどちらにしても 今回の件には無関係です。

0

たぶん、もともとクレカOKのお店(チェーン店含む)はそのままだと思う。←あと、クレカより手数料安めかな。 paypayも『いつまで無料、その後有料』という話だったし、よく買い物をする地元のドラッグストアは、7月1日よりオサイフ&QR決済できる会社が増えた。 このドラッグストアは、神奈川ローカルで全国区ではないけど、業界売上8位。意外と大きいし、徒歩20分内に5店舗もある。←一番近い店は徒歩4分。 そして、nanaco、楽天Edy、d払い、auPayを追加で使えるように…。←ほとんどの支払い方法に対応。

0

取り扱いしているお店によりけりでしょうな。 手数料取られても集客UPに繋がると判断すれば続ける。 いやいや手数料とかありえませんから!なんてお店は止めるかもしれない。 はたまた手数料取られるくらいなら他のクレカや電子マネー導入にしますわ。なんてお店も出るかもしれない。 >手数料を取るということは、クレジットカードと変わらなくなるのですか。 決済手数料という概念では似たものだけど料率が違うでしょうな。 詳しい料率の内容は知りませぬ。

0

手数料安いので継続する店もあるでしょうそれと共に楽天ペイが加盟店手数料一年間無料になるので楽天ペイのペイペイ追撃も始まるでしょう