新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/9/10 20:57

22回答

イスラエルにおいてワクチンの感染予防の有効性は半年程で16%、発症予防は44%で下がる一方ですが、何故高い重症予防は続いているのでしょうか?

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/9/10 22:22

ありがとうございます。 当初から様々な説がありましたよね。 もともとデルタ株への効果は低い説等… しかし、政府とマスコミの宣伝文句は2回接種で感染予防含めた長期効果でしたからね。 ちなみに自治体からの接種催促の手紙には「感染させないため」が強調されていました。

その他の回答(1件)

0

なんでも免疫にはいくつかあって、仮に抗体が下がっても、中に目覚める免疫があって、またもりもりと力をつけるのだとか。一度覚えているので思い出すなんて有難いことです。 寝ていても勝手に目覚めてウイルスと戦ってくれるなんてラッキーです。その結果重症化しなければ、それで十分です。 もちろんどれかひとつあれば戦える訳ではありません。お書きの対処薬も人類が持つ武器のひとつなのでしょう。

ID非公開

質問者2021/9/10 21:34

ありがとうございます。 確かにワクチンも武器ですよね。 しかしワクチン重症化予防には治療薬も入っていそうですね。