ID非公開

2021/9/11 7:19

33回答

整理解雇で解雇予告通知をもらいました。

失業、リストラ | 労働問題292閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/9/12 14:17

社長からは整理解雇の説明はしているはずだ、という回答がきました。解雇予告通知書にもそのように書いてるはずだ、と。 言い合いから➡もう一緒に仕事したくない➡新しい事業をするから、必要がなくなった、と変わっていき、その会話の「新しい事業をするから」という文言が、整理解雇の説明をしたことだ、と言っております。 こんな文章になるかならないかのトークが整理解雇の説明になるのでしょうか。 やりあったって、言った言わない、になるので、メールの返信はしてません。会社は行くかどうか迷ってます。 行かないと不利になりますか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

正しいアドバイス、ありがとうございました。 弁護士にお願いしました。

お礼日時:9/17 8:16

その他の回答(2件)

0

言い合いがきっかけ、経営不振による、ということですね。 であれば、整理解雇が原因で、整理解雇を通知するきっかけが言い合い、ということにも受け取れますね。であれば整理解雇が正当であるかどうかですね。 もう一つ、仮に解雇撤回となった場合、継続して働く意思があるのかどうかです。継続する意思がない場合、どうしたいのかです。 そこを決めてからでないと、次の行動ができません。また不当解雇かどうかは労基署では判断できませんし、何かしてくれるわけでもありません。労基署ができることは、労基法違反である30日前までに解雇通知をしたのか、していない場合、解雇予告手当が支払われたのか、の部分だけです。都道府県労働局には、個別労働紛争を解決するための第三者組織が設けてあります。ここでは、双方の言い分を聞いてのあっせん制度があります。主として金銭による解決案が提示されます。不当解雇かどうかは裁判所でしか判断してくれません。理由はその行為は民事事案だからです。

ID非公開

質問者2021/9/11 10:11

行けば、説明をすると言ってパワハラのように詰め寄られる可能性があります。メールで文書でお願いしますといって、 月曜は通常に勤務というのは無理でしょうか。 社長との言い合いは、解雇を言い渡せる数日前の言い合いから始まったことで、それが原因になったと向こうも認めています。 解雇を言い渡されて言い合いになったということではありません。